TOP > ニュース 一覧

【RISE】新鋭・篠塚辰樹vs三冠王・八神剣太の強打者対決

2018/08/25(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

篠塚辰樹(左)vs三冠王・八神剣太(右)の一戦が決定

 9月16日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 127』の追加対戦カードが発表された。

 フェザー級(-57.5kg)で同級4位・篠塚辰樹(20=TEAM TEPPEN)vs三冠王・八神剣太(32=レジェンド横浜)の一戦が決定。

 篠塚はアマチュアボクシングでインターハイ・ベスト8、プロ転向後はワタナベジムに所属。2016年12月のプロデビュー戦では判定で敗れたものの、その後は勝ちを重ね、プロボクシング戦績は3勝(2KO)1敗の元A級ボクサー。那須川天心の父が代表を務めるTEAM TEPPENでも練習し今年2月にキックデビュー、RISEバンタム級5位の山川賢誠に1RKO勝ち。キック2戦目で元REBELS55kg王者・工藤正英に2RKO負けを喫したが、その後、6月にはJ-NETWORKフェザー級10位・半澤信也を得意のパンチで3RKOし、僅か3戦でRISEの上位ランキングに食い込んでいる。

 その篠塚の相手は、RISE2度目の参戦となる八神。J-NETWORKを中心に長きに渡り活躍し、これまでにREBELS-MUAYTHAIフェザー級、J-NETWORKフェザー級、WPMF日本フェザー級の3つのタイトルを獲得。トリッキーな動きから繰り出す強打のパンチを得意としており、ボクシング出身の篠塚とどのような打ち合いが繰り広げられるか。

アマ11戦無敗の村上悠佳(左)と菅原麻子(右)

 また、那須川天心の後輩、村上悠佳(TEAM TEPPEN)がプロデビュー。村上は極真空手をバックボーンにし、アマチュアキックでは11戦全勝6KOの実績を持つ。J-GIRLSミニフライ級1位・寺山日葵(てらやま・ひなた)、6月にプロデビューした那須川梨々(なすかわ・りり)に続いてTEAM TEPPEN第3の女子選手となる。

 対する菅原麻子(トイカツ道場)もプロビュー戦となり、アマチュア時代に敗れた村上へのリベンジを狙う。
 
<追加決定カード>

▼フェザー級(-57.5kg) 3分3R延長1R
篠塚辰樹(TEAM TEPPEN/同級4位)
vs
八神剣太(レジェンド横浜/第2代REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者、元J-NETWORKフェザー級王者、元WPMF日本フェザー級王者)
 
▼RISING ROOKIES CUPミドル級(-70kg)決勝戦 3分3R延長2R
宮前達也(BattleNation)
vs
天雷しゅんすけ(SLACK/第14回関東アマチュア修斗選手権ライト級優勝)
 
▼フェザー級(-57.5kg) 3分3R
虎二郎・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)
vs
門口佳佑(TOP DIAMOND×EX ARES/那須川天心挑戦者決定トーナメント優勝)
 
▼-58kg契約 3分3R
村上悠佳(TEAM TEPPEN)※デビュー戦
vs
菅原麻子(トイカツ道場)※デビュー戦

●編集部オススメ

・ボクシングからキックに転向した篠塚がKO勝利

・八神が現役三冠王に君臨

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧