TOP > ニュース

【RIZIN】山本美憂とアンディ・ウィンの“美魔女対決”再戦決定

2018/08/25(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2戦目で一本負けを喫したウィン(左)とのリベンジマッチが決まった山本(右)

 9月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.13』の記者会見が、8月24日(金)都内にて行われた。

 山本美憂(44=KRAZY BEE)とアンディ・ウィン(36=アメリカ)の再戦が決定。

 山本は女子レスリングで全日本選手権8度優勝、世界選手権3度優勝の実績を持つ。2016年9月にMMA(総合格闘技)へ転向し、RIZINに参戦。デビュー戦でRENAに敗れ、3戦目でキャシー・ロブから初勝利。今年7月には女子格闘技のベテラン選手である石岡沙織と対戦し、これまでにないMMAファイターとして進化した姿を見せ、判定2-1の僅差ながらも好試合で石岡を破った。MMA戦績は2勝3敗。

2016年大みそか、初対戦ではウィンが腕十字で一本勝ち

 その山本に2戦目で黒星を付けたのがウィンだ。ムエタイのアマチュア大会で20戦をこなし、2013年にMMAプロデビュー。2016年4月にアメリカの老舗MMA団体である『KOTC』で女子アトム級タイトルを獲得し、10月には初防衛に成功。山本戦では腕十字で一本勝ちを収めたが、2017年10月のRENA戦ではTKO負けを喫している。また、世界で最もセクシーな女性格闘家ベスト10に選ばれており、その美貌も注目を集めた。

 会見を欠席した山本からは「私は前回の試合の翌日にキャンプ地のグアムに戻り、すぐに次の試合に向けてトレーニングを開始しました。MMAファイターとしてまだまだ発展途上ではありますが、毎日成長している自分を実感しています。今回のアンディ・ウィン選手との試合は私にとっては大切なリベンジマッチになりますが、前回に比べて全てにおいて成長した自分をお見せできると思います。まだスッキリとした勝ち方を私自身もしていないので、今回の試合では皆様にも満足していただける内容と結果を出しますので期待してください」とのメッセージが寄せられた。

 返り討ちを狙うウィンからは「美憂さんが総合格闘家として進化していく過程を最初から見てきてとても楽しかったわ。9月30日には私たち格闘技界の美魔女が激しい試合を魅せるから期待してね」と山本の成長を認め、この試合を“美魔女対決”だとした。

<決定対戦カード>

▼RIZIN女子MMAルール 5分3R 49.0kg契約
アンディ・ウィン(アメリカ)

山本美憂(KRAZY BEE)

▼RIZIN MMAルール 5分3R 70.0kg契約 ※ヒジ打ちあり
ダロン・クルックシャンク(アメリカ)
vs
ディエゴ・ブランダオン(ブラジル)

▼RIZIN MMAルール 1R10分/2R5分 93.0kg契約 ヒジ打ちあり
イリー・プロハースカ(チェコ共和国)

ジェイク・ヒューン(アメリカ)

▼RIZIN MMAルール 5分3R 57.0kg契約 ※ヒジ打ちあり
中村優作(チーム・アルファメール・ジャパン)
vs
マネル・ケイプ(アンゴラ)

▼RIZIN MMAルール 5分3R 66.0kg契約
朝倉未来(トライフォース赤坂)
vs
カルシャガ・ダウトベック(カザフスタン)

▼RIZIN MMAルール 5分3R 59.0kg契約 ※ヒジ打ちあり
朝倉 海(トライフォース赤坂)
vs
トップノイ・タイガームエタイ(タイ)

▼RIZIN MMAルール 5分3R 53.0kg契約 ※ヒジ打ちあり
砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)
vs
越智晴雄(パラエストラ愛媛)

▼RIZINキックボクシングルール 3分3R 59.0kg契約
大雅(TRY HARD GYM)
vs
原口健人(聖武会館)

●編集部オススメ

・山本美憂が無念の2連敗、アンディが腕十字で勝利

・山本美憂が大きな進化を見せて石岡沙織から勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース