TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】堀口恭司、那須川天心との再戦望む「やり返さないと」

2018/09/30(日)UP

試合後のインタビューに答えた堀口

 9月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.13』で、那須川天心(20=TARGET/Cygames)とキックボクシングルールで対戦した堀口恭司(27=アメリカントップチーム)が、試合後のインタビューに答えた。

 緊張感のある3分3Rを戦い抜くも判定で那須川に敗れた堀口は、「思っていたよりは相手も警戒していて攻めづらかったですね。強いとは前から思っていたので終わった後もそんなに印象は変わらないです。自分が思うような攻撃は出せました。3Rにキックをもらったり、自分の手数が少なかったので判定はしょうがない。(那須川の蹴りは)ブロックしているので致命傷にはなっていなかったですね」と試合を振り返った。

 台風の影響で当初のメインイベントから前倒しになったが、「それは問題なかった」とし、ボクシンググローブでの試合も「練習で使っていたので想定内でしたね」という。また、2度のローブローに関しては「モロ入っていますが、負けは負けなので仕方が無いです」と潔い答え。

 試合中には何度か笑顔を見せていたが、それは「駆け引きが分かるんですよね。フェイントを入れたらこう来るとか。それが楽しかった」と駆け引きが楽しかったからだと説明した。

 27,208人の観客を熱狂させ、「盛り上がっていましたね。日本を盛り上げるために帰って来たのでそこは満足ですが、負けているのでそこは練習が必要だと思いました」と、試合内容には満足だが敗れたことはやはり悔しいと話す。

「試合が終わったばかりなのでまだ何も考えてないですが、もっと日本を盛り上げたい。オファーがあればキックルールもまたやろうかなと思っています」と言い、「負けているのでやり返さないといけないなと思う」と、また那須川とキックルールで再戦することを誓う。

 次はMMA(総合格闘技)ルールで再戦したいとの気持ちはあるかとの質問には、「まあ、はっきり言いますがMMAでは相手にならないと思うので、どうかなと考えますね。組み際とか出来ていないので自分が普通に勝つので面白くない」と、MMAではまだ相手ではないとした。

 また、師匠である亡くなった山本“KID”徳郁と、魔裟斗のキックルールでの試合(2004年大みそか)を超えられたと思うかとの質問には、「その試合が目標なので、まだまだ超えられていないかなと思っています」と、まだ満足はいっていないようだった。

●編集部オススメ

・【RIZIN.13】全試合結果=2018年9月30日

・那須川天心が堀口恭司に勝つ、緊張感ある戦いに「まるで獣のようでした」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧