TOP > ニュース

【ONE】白星発進の成長株・上久保周哉の2戦目が決定、下石康太の再起戦も

2018/10/15(月)UP

2戦目が決まった上久保周哉

 11月9日(金・現地時間)シンガポール・インドア・スタジアムで開催される格闘技大会『ONE: HEART OF THE LION』の対戦カードが、主催団体の『ONE Championship』(略称ONE)から発表された。

 今大会は、アジア最大規模のMMA(総合格闘技)団体であるONEの本拠地開催。そのビッグステージに、日本から上久保周哉(25=TRY.H studio)と下石康太(31=BLOWS)が参戦することが決まった。上久保はムハンマド・アイマン(23=マレーシア)、下石はエイドリアン・パン(40=オーストラリア)と、それぞれMMAルールで対戦する。

7月のONE初戦、上久保(上)はグラウンドの攻防で圧倒した末に、鉄槌連打でフィニッシュした

 上久保は2014年にDEEPフューチャーキング(新人王)トーナメントで優勝し、国内戦績が7勝1敗1分という成長株。今年からONEと契約を結び、7月の初戦では当時4連勝中のインドネシア人選手にTKO勝ちしている。

 今回の対戦相手であるアイマンは、上久保と同じ伸び盛りの選手。2016年にプロデビューし、すでにONEで5勝1敗の好戦績を挙げている。上久保は勢いのある選手同士の戦いを制し、さらなる飛躍につなげたいところだ。

7月のONE初戦で、アリエル・セクストン(右)に一本負けし、肩を落とす下石康太(左)

 下石は2010年に修斗新人王決定トーナメントを制し、2016年にDEEPライト級タイトルマッチを経験している実力者。韓国『ROAD FC』の世界ライト級トーナメント(本戦16人)でのベスト4進出を経て、ONEと契約を結んだが、今年7月の初陣では柔術黒帯のコスタリカ人選手に一本負けとなった。

 再起戦の相手となるパンは、2001年にプロデビューしたベテラン。ONEでは現在4連敗中だが、青木真也からONE世界ライト級王座を奪ったエドゥアルド・フォラヤンや、元ONE世界フェザー級王者エイドリアン・パンなどの強豪相手に、いずれも判定まで持ち込んでいる。下石はパンの粘り強さを攻略し、ONE初白星を挙げることができるか。

Photo by ONE Championship

●編集部オススメ

・青木真也がタイ人エースを血祭りに上げる

・下石康太が一本負け、決勝進出ならず=ROAD FC世界トーナメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース