TOP > ニュース

【ビッグバン】K-1やレベルスなど様々な団体から参戦、メインはヘビー級対決

2018/10/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

愛鷹(左)と工藤(右)のヘビー級対決がメイン

 11月4日(日)神奈川・伊勢原総合体育館にて開催される『Bigbang~いせはら~2018』の全対戦カードが決定した。今回もK-1、レベルス、MA日本キックボクシング連盟など様々な団体から選手が参戦する。

 ダブルメインイベント第2試合は、K-1ヘビー級でも活躍するBigbangヘビー級王者・愛鷹亮(力道場静岡)が、蹴拳ライトヘビー級王者・工藤勇樹(エスジム)と対戦するヘビー級戦。

 愛鷹は『Bigbang』を主戦場にし、17勝(2KO)5敗の戦績。左右フックとローキックを得意としている。昨年11月の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ヘビー級王座決定トーナメント』にリザーブファイトで参戦し、KO勝ちを収めた。今年2月には同トーナメントに出場したK-Jeeを破ってタイトル初防衛に成功している。

 対する工藤は強打のパンチ力に加え、トリッキーな攻撃を得意とし、中国の武林風、GLORYといった大舞台も経験。最近はKrushにも参戦した。戦績は22勝(13KO)16敗2分。

山際はジョージを迎え撃つ

 ダブルメインイベント第1試合では、K-1やKrushでも活躍する前Bigbangウェルター級王者・山際和希(谷山ジム)が、RISING ROOKIES CUP 2016ウェルター級優勝者ジョージ(CLUB.E.D.O)と対戦する。

 山際は昨年9月の「初代K-1ウェルタ―級王座決定トーナメント」に出場し、準決勝まで進出して第3位となった。重い左ミドルキックを始めとする蹴り技を得意とし、戦績は24勝(7KO)11敗3分。

 ジョージは2016年RISEの新人王トーナメントで優勝し、2018年7月にはKrushに参戦。11勝(4KO)5敗1分の戦績を持つ好戦的なファイターだ。

 Bigbangフェザー級タイトルマッチでは、王者・佐野天馬(K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)がリョウ・ペガサス(アカデミア・アーザ)を挑戦者に迎えての初防衛戦。

2017年12月、王座決定戦で戦っている佐野(左)とリョウ(右)

 佐野は2013年7月に15歳でプロデビュー、2014年のKrush新人王となり、2017年7月には武尊とトーナメントで対戦し、小澤海斗とタイトルマッチを行ったユン・チーから勝利を収めた。Bigbang王座は同年12月に、リョウと王座決定戦を争って獲得している。

 対するリョウは2005年11月プロデビューのベテランで、2009年10月にJ-NETWORKフェザー級タイトルマッチを行って以来、実に8度もタイトルマッチを経験しているがいずれも王座獲得に失敗している。9度目の挑戦で悲願のタイトル奪取なるか。

 また、スーパーエキシビションマッチとして、2010年K-1 WORLD MAX世界トーナメント準優勝・佐藤嘉洋(名古屋JKF)とWKA&WBKF世界スーパーライト級王者・谷山俊樹(谷山ジム)が拳を交える。

ビッグバンプロモーション
「Bigbang~いせはら~2018」
2018年11月4日(日)神奈川・伊勢原総合体育館
開場14:30 開始15:30

<全対戦カード>

▼第13試合 ダブルメインイベント第2試合 ヘビー級 3分3R
愛鷹 亮(力道場静岡/Bigbangヘビー級王者)
vs
工藤勇樹(エスジム/蹴拳ライトヘビー級王者)

▼第12試合 ダブルメインイベント第1試合 ウェルター級 3分3R
山際和希(谷山ジム/前Bigbangウェルター級王者)
vs
ジョージ(Club E.D.O.)

▼第11試合 セミファイナル Bigbangフェザー級タイトルマッチ 3分3R
佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/Bigbangフェザー級王者)
vs
リョウ・ペガサス(アカデミア・アーザ/挑戦者)

▼第10試合 スーパーエキシビションマッチ 2分2R
佐藤嘉洋(名古屋JKF/2010年K-1 WORLD MAX世界トーナメント準優勝)
vs
谷山俊樹(谷山ジム/WKA&WBKF世界スーパーライト級王者)

▼第9試合 58kg契約 3分3R
一仁(真樹ジムAICHI/J-NETWORKフェザー級王者)
vs
竹内賢一(Ten Clover Gym世田谷/シュートボクシング日本スーパーフェザー級3位)

▼第8試合 スーパーバンタム級  3分3R
大久保拓(士道館/MA日本キックボクシング連盟スーパーバンタム級王者)
vs
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)

▼第7試合 ビッグバンキックルール 54kg契約 3分3R
鳩(TSK japan/WMC日本バンタム級王者)
vs
内野々竜一(フリー/元ボクシング日本ライトフライ級11位)

▼第6試合 ヘビー級 3分3R
実方宏介(真樹ジムAICHI)
vs
マウンテンRYUGO(Ten Clover Gym)

▼第5試合 58.5kg契約 3分3R
雅也(T-KIX/WPMF日本フェザー級6位)
vs
吉田凛太朗(VERTEX)

▼第4試合 特別試合 75kg契約 2分2R
相馬勇悟(格闘技道場G-1)
vs
川中歩文(フリー)

▼第3試合 70kg契約 3分3R
圭祐(谷山ジム)
vs
雄也(新興ムエタイジム)

▼第2試合 70kg契約 3分3R
小川健晴(T.G.Y)
vs
浅井和也(G1 TEAM TAKAGI)

▼第1試合 56.5kg契約 3分3R
坂本大輔(TEAM RUSH)
vs
鈴木太尊(谷山ジム小田原道場)

<チケット料金>
VIP席20,000円 SRS席12,000円
A席7,000円 B席5,000円 自由席4,000円

<チケット販売所>
チケットぴあ

<お問い合わせ>
ビッグバンプロモーション=TEL:0463-93-9664

●編集部オススメ

・稲石竜弥がバックハンドブローでダウン奪い二冠王・恭士郎を撃破

・駿太が肘ラッシュ、TKOで初防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース