TOP > ニュース

【新日本キック】江幡塁「小笠原戦で見せたKOを見せる」

2018/10/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

6月のKNOCK OUTで小笠原瑛作との日本人トップ対決を制した江幡が、ホームリングに凱旋

 10月21日(日)東京・後楽園ホールにて開催の『MAGNUM 48』のメインイベントに出場するWKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁(27=伊原道場本部)の試合直前コメントが、主催者を通して届いた。

 江幡は双子の兄・睦とともに江幡ツインズとして注目され、パンチ&ローキックのずば抜けた攻撃力を持ち戦績は36勝(19KO)3敗3分。「軽量級日本最強」との呼び声も高い。昨年12月に満を持して『KNOCK OUT』に初参戦。WPMF世界スーパーバンタム級王者・宮元啓介から勝利を収め、今年6月にはISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原瑛作と大激闘の末に3RでKO勝ちした。

 4カ月ぶりの試合となる江幡は「試合間隔が空いた理由は特にないのですが、たまたま興行の兼ね合いで試合がなかっただけです。凄くいい調子で仕上がっています」と好調をアピール。

小笠原を沈めた江幡のカウンターの右ストレート

 前戦の小笠原戦でのKO勝ちは凄く反響があったといい、「相手も僕も団体の看板を背負っての試合だったのでお互いに気合いの入った戦いを見せられたと思います。なかなか実現することのなかったカードでああいう結果に終わって、ファン、新日本キック関係者の皆さんが凄く喜んでくれました。綺麗な技で倒すのが僕の得意なKOパターンなので次も同じようなKOを見せたいと思います」と連続KO勝ちを狙うという。

 今回の相手、元ルンピニースタジアム認定フライ級2位テープブリー・オー.デットポン(タイ)については「試合映像が届いていたのでしっかり対策を立てて練習しています。ガンガンローを蹴ってきてパンチャータイプでした」と印象を語り、「今回も小笠原戦のような激しい打ち合いになると思います」と激闘を予想する。

「一発で倒すのではなく、コンビネーションを強化していて必ず仕留められるようなパターンをトレーニングしているところです。元ルンピニーのランカーが相手なので次をクリアーすることで、僕たちが目指しているムエタイのベルトに向けて大きな一歩になると思います」と、目標としている世界最高峰のラジャダムナン王座獲得に向けて力強く意気込みを語った。

●編集部オススメ

・江幡塁が小笠原瑛作に逆転KO勝ち、白熱の攻防に(動画あり)

・江幡塁が凱旋、元ルンピニー2位を迎え撃つ「しっかりKOして勝ちたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース