TOP > ニュース

【UFC】中村K太郎が8カ月ぶり参戦「フィニッシュして勝ちたい」

2018/10/19(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ここまで3勝3敗の中村(右)が生き残りを懸けてUFC7戦目に臨む

 12月2日(日・現地時間)オーストラリア・アデレードで開催される『UFC FIGHT NIGHT:Adelaide』に、岡見勇信(37=和術慧舟會東京道場)に続いて中村K太郎(34=和術慧舟會K太郎道場)の参戦が決まった。

 中村は2006年12月にUFC初参戦を果たすも、3連敗と結果を残せず契約解除となった。しかし、2015年7月にDEEPウェルター級王座を獲得すると、そのわずか2カ月後のUFC日本大会に、負傷欠場した国本起一の代役として出場が決定。約7年ぶりにUFC復帰を果たし、現在まで3勝3敗の戦績。

ボディブローを放つトゥアリ(左)

 前回の試合は4月のアトランティックシティ大会で、トニー・マーティン(アメリカ)と対戦して判定負けを喫した。

 約8カ月ぶりの再起戦となる今回、中村と対戦するのはサリム・トゥアリ(29=ポーランド)。ブラジリアン柔術をバックボーンに持ちながら、得意技は飛びヒザ蹴り。“グリズリー”のニックネームを持つ。昨年10月、負傷欠場した選手の代わりに試合5日前のオファーを受けてUFCに緊急出場し、判定負けを喫した。UFCでの試合は今回がそれ以来の2戦目となる。

 中村は「前戦は負けてしまっているので、負けられません。フィニッシュして勝ちたいと思っています」とコメント。必殺のチョークスリーパーで勝利を飾ることが出来るか。

●編集部オススメ

・中村K太郎、連勝ならず=2018年4月22日

・網膜はく離から復帰した中村が勝利=2017年9月23日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース