TOP > ニュース

【フード】木村政彦の焼酎『キムラロック』に次ぐ日本酒『三倍努力』が人気、地震で全壊の酒蔵復興へ

2018/10/19(金)UP

伝説の柔道家、故・木村政彦。
 全日本柔道選手権、天覧試合など15年負けなしで歴代最強柔道家とも言われる。柔道引退後は、プロレスラーに転身、引退後は母校である拓殖大学の柔道部の監督として活躍。昨年9月、生誕100年を迎えた。

震災で全壊した瑞鷹の大蔵。

 木村の地元熊本県川尻町では、2016年4月の熊本大地震で液状化被害に遭い、余震は4000回を超え、過疎化していく地元を元気にと、昨年9月の誕生日に向け木村政彦生誕百年実行委員会を発足した。これは大被害に遭った1867(慶応3)年創業の酒造メーカー「瑞鷹」の多くの酒蔵が全壊、半壊の大被害の復興支援も兼ねていた。

 実家が近所ということもあり瑞鷹のお酒をよく嗜んだという木村政彦。天覧試合優勝後や拓殖大学の卒業祝いに飲んだのも瑞鷹のお酒だった。そこで、そんな製造もままならない状況の中だったが、実行委員会では昨年9月の木村の100回目の誕生日に合わせ「瑞鷹」に純米焼酎25度ロックでも美味い焼酎「キムラロック」(720ml)を企画し製造を依頼。120本限定で発売したところ、完売。それが木村のファンに知られるところとなり、注文が殺到、追加生産が追いつかず、限られた製造ラインのため、2ヶ月後まで手に入らない大人気商品となった。

崩れた外壁を修繕で景観を留めた蔵もある。

「私たちが生まれ育ちながら眺めてきた瑞鷹酒造の風景と熊本の文化の象徴である赤酒(保存を高めるため木灰を入れ赤みを帯びた古来からの製法の料理酒)を復興する目的で支援活動を決めました。」とは実行委員会の一人で木村政彦の記念酒を取り扱うはやし酒店の(http://www.884sake.com)の林琢磨さん。 

 林さんによると、瑞鷹の漆喰の白壁に瓦屋根が連なる塀や蔵は、川尻を代表する景観だったが、瑞鷹の大小合わせ100棟ある建物のうち約7割が被害に遭ったという。

大蔵は近代的な建物として今年3月に完成

 蔵にある貯蔵タンクも倒れ、被害額は計り知れなかったが、まずは、全壊した約160坪あった瑞鷹の貯蔵庫「大蔵」を復興しようと、キムラロックが発売された昨年9月から取り掛かり、総工費に約1億5千万円。グループ補助金活用で、国と県が約1億1千万円を拠出、残り約4千万円を自己資金で賄い今年3月2日に完成した。しかし、まだ取り壊しや修繕が終わらない建物も多い。

中央の三倍努力のラベルを中心にこれまで出してきた3商品のラベル

 その大蔵が完成した2日後の3月4日、木村の得意技から命名した日本酒大吟醸「大外刈」を300本限定で製造販売したが、瞬く間に地元で完売。ファンに行き渡らない状態となった。そして第3弾として今年9月10日の木村政彦の101回目の誕生日に合わせ、有名な木村語録から取り、純米酒「三倍努力」を2000本限定で発売。1200本が売れ、残すは現在800本に。11月中旬、今年最後の瓶詰め500本を予定している。

 純米酒「三倍努力」は独自開発した熊本県の酒米の「華錦」(はなにしき)と、阿蘇の伏流水を源流とした蔵元の地下水を使用。アルコール度数は、通常の日本酒より少し高めの17度。しかし、そのまま常温で飲んでみると強めの度数とは思えないくらい軽やかなワインのような味わい。三倍努力というより3杯も4杯もいけてしまい、このまま木村に技をかけられるかのように倒れるのではないかと怖くなる。酒米の華錦を使用し65%まで精米し軽やかな純米酒に仕上げた。

癖のないワインか、水のようにスッキリ飲める純米酒「三倍努力」

 また、「三倍努力」の言葉は木村の柔道の信念でもある。「相手が倍の努力をするなら、こちらは三倍の努力を」と練習に励み、全日本で3連覇するなど最強の木村政彦を作り上げた。その理由から、この言葉は実行委員会の合言葉でもあり、東京オリンピックまで「三倍努力」で町の復興となる企画を進める。今後も木村氏の記念商品ほか、木村氏とゆかりのある柔道関係者の講演なども企画しているという。

木村政彦生誕百年記念酒 第3弾 「三倍努力」販売所 はやし酒店
https://www.884sake.com/

●編集部オススメ

・【フード】町限定のはずが…木村政彦の記念焼酎「キムラロック」に問合せ殺到

・【オンラインストア】三倍努力、キムラロック販売のはやし酒店

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース