TOP > ニュース

【ROAD FC】藤田和之とチェ・ムベ、48歳で迎える初対決にベテランの意地と覚悟

2018/11/02(金)UP

ともにPRIDEで活躍した藤田和之(右から2人目)とチェ・ムベ(中央)が、48歳にして初対決を迎える

 11月3日(土・現地時間)韓国・テジョンのチュンム体育館で開催される総合格闘技大会『ROAD FC 50』の前日計量が、2日(金・同)に行われた。

 今大会ではかつて日本の『PRIDE』で活躍した日韓大ベテランの初対決が実現。藤田和之(48=TEAM FUJITA)とチェ・ムベ(48=韓国)が、セミファイナルの無差別級ワンマッチで対戦する。

 計量の結果は藤田が117.6kg、ムベが110.3kg(無差別級は体重リミットがないため参考計量として記録)。両者の体重差は7.3kgとなった。

8月の前戦で藤田(上)は33歳のアメリカ人ファイターを相手に、上四方固めからのチョークで一本勝ちした

 計量を終えてマイクを握った藤田は、「見ての通り、俺たちは年寄り。明日倒れるかもしれない。それでも俺たちは戦い続ける気だ! そうだろ! チェ!」と、ムベに発破をかけた。

 すると、ムベも「私たちはかつてPRIDEにいた。それから年を重ねた今も、ファイターとして皆さんに届けられるものがあると思っている」と藤田に呼応。続けて「エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アリスター・オーフレイム、マーク・コールマン、ヴァンダレイ・シウバ」と、藤田がこれまでに戦ってきた強豪たちの名前を挙げ、「レジェンドの藤田と戦えて光栄だ」と言葉に力を込めた。

ムベ(上)も8月の前戦で、26歳下の選手を相手に勝利を飾った

 藤田は2000年1月に29歳で、ムベは2004年2月に33歳で、ともにPRIDEのリングで総合格闘家としてプロデビュー。以降、長らく日韓の重量級戦線を牽引してきたが、ともに近年は白星から遠ざかっていた。

 しかし、藤田は今年5月の『ROAD FC 48』で、実に10年2カ月ぶりとなる勝利を飾ると、続く8月の『ROAD FC 49』では33歳のアメリカ人選手に会心の一本勝ち。ムベも1年ぶりの復帰戦となったこの大会で、22歳の中国人選手を相手にダウンを取られながらも逆転の一本勝ちを収め、3連敗からの脱出を果たした。

 ベテラン健在を示す両者が48歳にして迎える初対決。後は試合開始のゴングを待つのみとなった。

Photo by ROAD FC

●編集部オススメ

・藤田和之が米軍ファイターに会心の一本勝ち、約12年ぶりの連勝飾る

・カンフーパンダが復帰戦の藤田和之を初回TKO粉砕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース