TOP > ニュース

【RIZIN】メイウェザーと那須川天心が大みそかに対戦決定

2018/11/05(月)UP

メイウェザーと那須川が対戦決定、両者が会見に出席

 プロボクシングで50戦無敗、5階級制覇した王者、フロイド・メイウェザー(41=米国)が大みそかにさいたまスーパーアリーナのRIZINの舞台で那須川天心(20=TARGET/Cygames)と対戦することが決定した。

 メイウェザーは2015年、世紀の対決として6階級制覇を成し遂げた王者マニー・パッキャオと対戦して判定勝利。同年引退したが、その後復帰し2017年にUFC王者コナー・マクレガーとボクシングルールで対戦、10ラウンドでTKO勝利している。

 11月5日(月)都内で会見が開かれ、出席した那須川は「この試合、オファーをもらった時にすぐにOKしました。自分の人生の中で最大の出来事でびっくりしている。世界中、成し遂げられなかったことを自分が証明してみせる」と無敗のメイウェザーに勝利するとした。

 また出席したメイウェザーは那須川の印象を「那須川は強くて早く、無敗、称賛したい。大みそかのRIZINの舞台で戦えることは光栄。世界王者として20年。力を尽くす、今回もやるべきことをする。普通の選手ではないが経験では私に分がある」とコメントした。

 榊原代表は「まずRIZINに参戦するということで交渉が始まった。対戦相手は那須川しかいない。ルール、ウエイト問題、調整しなければいけない問題はいろいろあるが決定した」と話した。

 メイウェザーは2015年のパッキャオ戦時はウエルター級で66.68kg以下。
 那須川は今年6月、RISE世界フェザー級王座(57.15kg)を獲得。体重は約10kgの差がある。那須川は「どんなルールでもいい」とコメントした。

●編集部オススメ

・【ボクシング】世紀の対決、メイウェザーがパッキャオに勝つ

・那須川天心が堀口恭司に勝つ、緊張感ある戦いに「まるで獣のようでした」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース