TOP > ニュース

【KHAOS】対抗戦に臨むWSR軍の大将・長崎秀哉「39歳でもまだ良いものを見せられる」

2018/11/15(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 11月17日(土)東京・新宿FACEで開催されるキックボクシングイベント『KHAOS.7』。K-1とKrushに続くK-1 JAPAN GROUP第三のブランドとして創設された「KHAOS」(カオス)は毎回大会テーマが設けられ、今回は「BATTLE of KHAOS」と名づけられたジム対抗戦5vs5マッチが行われる。

先鋒の向井は1勝(1KO) 2敗 1分の戦績

 K-1ジム総本部チームペガサス(梶原龍児代表)と対抗戦を行うウィラサクレック(WSR)・フェアテックスジム(ウィラサクレック・ウォンパサー代表)のメンバー5名が所属ジムにて公開練習を行い、意気込みを語った。

 先鋒戦で大庭龍華と対戦する向井貫太は「対戦相手は今年のK-1甲子園の準優勝者で、勝ったら大きいので倒して勝ちたいです。今回は対抗戦の先鋒なので、しっかり盛り上げて倒せたら良いかなと思います。5対5の対抗戦として、普段のワンマッチとは違うチーム戦の面白さをお客さんに見せていきたいなと思っております」と、一番手としてしっかり盛り上げたいとコメント。

次鋒の白木は札幌からの参戦。戦績は1勝(1KO) 無敗

 次鋒戦でSATORU成合と対戦する白木幹は、WSR札幌からの出場。「自分的には東京で試合をしたいというのがあったので嬉しかったです。自分はずっとムエタイをやってきてKHAOS(K-1)ルールが初めてなんですけど、どちらのルールでもKOすればいいと思うので、しっかりKHAOSルールでもKOしたいと思います。自分は次鋒戦で試合をすることになりますが、KOで勝ちたいですし、対抗戦で一番面白い試合をしたいです」とKOを狙う。

中堅の光佑は1戦1敗で初勝利を狙う

 中堅戦で璃明武(りあむ)と対戦する光佑は、アマチュア時代に璃明武と2度対戦して2度とも負けているという。「璃明武選手のことも自分はリスペクトしていますし、凄く勢いもあって若い、これから絶対上がってくる選手だと思います。そうさせないように、自分もガンガン倒しに行きますし、それで盛り上がれば良いかなって思います。今回は対抗戦なのでWSRジムの仲間たちに刺激を与えるためにもKOっすね。KOして次につなげたいです」とKOでのリベンジを誓う。

副将の竜樹は最年少で戦績は1勝1敗2分

 副将戦で将-masa-と対戦する竜樹はWSR九州からの参戦。「今回がKHAOS(K-1)ルールには初挑戦ですが、自分はKHAOSルールでも全然いけると思います。ムエタイのミドルキックは相手の腕を折るパワーがあると思うので、今回の試合ではそういうところを見せたいです。1Rからガンガン打ち合って熱い試合をしたいですね。九州のWSRジムも中央に負けてないぞというところを見せたいです」と、熱い試合を見せたいと話す。

大将の長崎は17勝(5KO) 14敗3分のベテラン選手

 そして大将戦で剣闘士“俊”と対戦する長崎秀哉はキックを始めて15年以上、第2代M-ONEスーパー・フェザー級王者にもなった39歳のベテラン選手。今回が2年半ぶりの試合となる。

「大将に選んでもらって、とにかく良い試合をして若い選手に『先輩、駄目だな』と思われないように頑張りたいですね。剣闘士選手の試合映像を見たんですけど、試合をやるなら嫌な選手だな、いいところがいっぱいあるなと思いました。そこに気をつけて試合をしたいと思います。対抗戦は全勝だったり勝ち越すような結果になれば良いなと思っています。39歳でもまだ良いものを見せられるという試合にしたいです」と、ベテラン健在を示したいと語った。

【大会・チケット情報】 11・17 KHAOS実行委員会「KHAOS.7」

●編集部オススメ

・第7弾は”ジム対抗戦”ウィラサクレックvsチームペガサスの5vs5

・KO勝ちの優谷と高梨knuckle美穂がMVP=前回のKHAOS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース