TOP > ニュース

【AbemaTV】魔裟斗が女・山本KIDを目指すあいに打撃指導

2018/11/20(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」にて放送中のレギュラー番組『格闘代理戦争3rdシーズン』は、女子格闘技にスポットを当てて放映中。

山本KIDが遺した女子格闘技希望の星あい(右)に、打撃を指導した魔裟斗(左)

『格闘代理戦争』は、格闘技界の次世代スターを誕生させる「格闘ドキュメンタリー番組」で、格闘技界のレジェンドや現役選手がそれぞれ推薦選手(代理)を指導し、その選手たちがトーナメントで対戦して優勝者は賞金300万円とアジア最大規模の活動をしている格闘技団体『ONE Championship』との契約などを得るというもの。

 10月27日放送回ではいよいよトーナメントが開幕し、青木真也推薦のDEEP JEWELSで活躍する現役JKファイター・古瀬美月、山本“KID”徳郁が創設したチーム・KRAZY BEE推薦でレスリングでインターハイとインカレの優勝歴を持ち、世界学生選手権で3位になったあい、修斗のカリスマ・佐藤ルミナが推薦し、RENAの後を追ってMMA(総合格闘技)にチャレンジするシュートボクシング日本ミニマム級王者MIO、そして桜井”マッハ”速人推薦の柔道歴12年。高校時代に全国大会出場経験を持ち、9月に開催されたアマチュアDEEP JEWELSでも圧倒的な強さで勝利を収めた平田樹が勝ち残った。

指導風景。後方にはRIZINで活躍する矢地祐介の姿も見える

 11月10日放送回では12月1日(土)に行われる準決勝の組み合わせが発表され、古瀬vsあい、MIOvs平田という顔合わせに。

 その準決勝を前にして、女・山本“KID”徳郁を目指すあいにKIDのライバルであった魔裟斗が打撃指導を行った。魔裟斗は『格闘代理戦争』1stシーズンにおいて、推薦選手・松村英明を見事優勝に導き、「K-1グループ」とのプロ契約と、賞金300万円を獲得させた「優勝監督」でもある。

 一方、あいはトーナメント1回戦で、V.V Mei推薦の上野みずきを相手に、レスリングに加えて柔術のテクニックも見せながら、最後は腕ひしぎ十字固めで1R勝利を飾り、一躍優勝候補におどり出た。

 あいは9月18日にKIDが亡くなる前に、今回の推薦選手に選ばれたことを報告し、KIDはそれを喜んでいたという。

 打撃はグラップラー(組み技主体の選手)のあいにとって大きな課題であり、魔裟斗の指導でどこまで成長できるか。準決勝の対戦相手・古瀬はハイキック一発で秒殺KO勝利したこともあり、打撃は警戒する部分でもある。

 この練習の模様は、11月24日(土)夜10時からの『格闘代理戦争3rdシーズン』で放送される。

●編集部オススメ

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る=1回戦の模様

・那須川天心がMIOと戦う平田樹に打撃伝授

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース