TOP > ニュース

【イノベーション】白築杏奈がWPMF世界王座防衛戦、山口裕人も梅野や森井と激闘のワンマリオと決定戦

2018/11/21(水)UP

広島の星・白築(左)がタイの強豪タノンチャック(右)を迎える

 12月16日(土)に開催される、Japan Kickboxing Innovation 認定『第5回岡山ジム主催興行』の追加対戦カードが発表された。

 WPMF女子世界フライ級タイトルマッチでは、王者・白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)が、暫定王者タノンチャック・ゲーオサムリット(タイ)を迎え防衛戦を行う。

 白築は広島在住のキックボクサーで、元NJKFミネルヴァ・ライトフライ級王者。昨年10月の第4回大会で初ムエタイ戦ながらも、王者ノーンビウ・シットヨードシアンの組技地獄を耐え抜き、打撃の手数で勝利。見事戴冠した。今回1年ぶりの防衛戦に挑む。

右ストレートをぶち込む白築

 対するタノンチャックは、元WPMF世界女子ライトフライ級王者でもあり、今年3月に行われたミラクルムエタイ女子ワンデートーナメント2018の優勝者。タイの名門ムエタイジム・ゲーオサムリットジムに所属し、ムエタイ戦士らしく、組んでのヒザやミドルを得意とする攻撃型ファイターだ。

 白築は今年8月にNJKFミネルヴァのベルトを返上。自身のブログで「プロデビュー前から目に疾患があって現役生活を続けられるのもそう長くないかもしれません」と病気を告白した。しかし「だったら私は最後まで挑戦させて頂きたいです。狙うはもう一本の世界のベルトWBC世界王座」とWBCムエタイ世界王座を狙うと意気込む。

 二本目のベルトを目指す挑戦の前に、WPMFのベルトを守りきれるか注目となる。

KO連発の山口裕人(右)が、元世界王者・ワンマリオ(左)と決定戦

 また、元WBCムエタイ日本スーパーライト級王者の山口裕人(山口道場)vsワンマリオ・ゲーオサムリット(スペイン)で WPMF世界スーパーライト級暫定王者の決定戦が行われる。

 山口はパンチ主体の選手で約3年間、勝っても負けてもKO決着という激闘を常に展開。元INNOVATIONスーパーライト級王者で、元DEEP☆KICK 63kg級・65kg級王者でもある4冠王。8月の『KNOCK OUT』では中国の格闘技イベント『英雄伝説』のアジア王者・マサ佐藤にKO勝ちしている。

梅野源治にボディを打ち込むワンマリオ

 山口は自身のSNSで「初の世界戦楽しみです。WPMFの世界のベルト頂きまーす 世界championって肩書き欲っし笑これはデカイぞ笑」と気負わず試合を待つ。

 対するワンマリオは、タノンチャックと同じくタイの名門ムエタイジム・ゲーオサムリットジムに所属。タイを主戦場にし、トップ戦線で活躍する元WPMF世界ライト級王者だ。KNOCK OUTでは梅野源治や森井洋介と激闘を繰り広げた。打ち合い必至の激しい決定戦となりそうだ。

●タノンチャックのWPMF世界女子ライトフライ級タイトルマッチ動画

●編集部オススメ

・ISKA上位ランカーに勝利した白築

・梅野がワンマリオにテクニックで圧勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース