TOP > ニュース

【UFC】近藤朱里が再起戦の計量パス

2018/11/24(土)UP

5月の初黒星から再起を目指す近藤朱里

 11月24日(土・現地時間)中国・北京のキャデラック・アリーナで開催される総合格闘技大会『UFC Fight Night 141』の前日計量が、23日(金・同)に行われた。

 今大会には日本から元パンクラス女王・近藤朱里(29=VOS GYM)が参戦し、地元選手のヤン・シャオナン(29=中国)と、女子ストロー級ワンマッチで対戦する。

 計量は女子ストロー級リミットの115ポンド(約52.16キロ)に対し、朱里が115.5ポンド(約52.39キロ)、シャオナンが116ポンド(約52.62キロ)を記録。タイトルマッチ以外の試合は1ポンドまでの超過が認められているため、両選手ともクリアーとなった。

引き締まった肉体を計量で披露したパンクラス女王時代の朱里

 朱里はキックボクシングで2014年3月に初代Krush女子フライ級王座、MMA(総合格闘技)では昨年5月にパンクラス・初代女子ストロー級王座を獲得するなどの実績を持つ選手だ。

 UFCには昨年9月の日本大会で初参戦し、白星デビューを飾ったが、今年5月のチリ大会で迎えた2戦目で強打者ポリアナ・ボテーリョに33秒でTKO負け。これがMMAプロ7戦目にして初黒星で、今回の試合は半年ぶりの再起戦となる。

 対戦相手のシャオナンはMMA戦績が9勝1敗1ノーコンテストという実力の持ち主。UFCには昨年11月から参戦し、現在までに2戦2勝と負け無しだ。朱里はこの強敵を下し、UFCで2勝目を挙げることができるか。

アリスターは今大会で連敗脱出を目指す

 ほかにも、今大会ではメインイベントにカーティス・ブレイズ(27=アメリカ)vsフランシス・ガヌー(32=カメルーン)、セミファイナルにアリスター・オーフレイム(38=イギリス)vsセルゲイ・パブロビッチ(26=ロシア)と、ヘビー級の好カードが組まれている。

 計量は4選手ともパス。2連敗中のガヌーとアリスターは、いずれも成長著しい20代の選手たちを相手に、再起を懸けての試合となる。

●編集部オススメ

・近藤朱里が33秒でTKO負け、プロ初黒星

・前に出続けた朱里が打撃戦を制し、白星デビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース