TOP > ニュース

【KNOCK OUT】初代フライ級王座トーナメントで2連続KO勝利の大崎一貴「決勝もKOで」

2018/11/26(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

大崎が予告通り2連続KO勝利で決勝戦へ

 12月9日(日)に開催される『KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館』。メインイベントでは初代フライ級王座決定トーナメントの決勝戦として、ルンピニースタジアム8連続KO勝利の大崎一貴(22=OISHI GYM)が、元True4U王者・石井一成(20=ウォーワンチャイプロモーション)と対決する。

「もうここまで来たからには何が何でもベルトを獲る」と気合い十分の大崎。

準決勝のタネとの激闘はKNOCK OUTの上半期ベストバウトにも選ばれた

 石井とは今までに14年、15年と二度対戦し、いずれも引き分けている。現在の石井の印象を大崎は「あれからパワーも付いてますし、スピード、テクニックもさらに上がっていると思います」と評価する。
 石井のスピードに対して大崎は「僕の方がパワー面では勝っていると思うので、一発で勝負を付けられるように」パンチを重点的に準備中だ。

「全然負けるつもりはないので勝つイメージしかしてないですね。僕は一回戦、準決勝と二連続KO勝ちしているので、決勝もKOで勝ちたいです」と全試合KO勝利でベルトを巻くと言い放つ。。

ルンピニーで1RKO勝利した大崎

 戴冠後は「しっかりKNOCK OUTのベルトの価値を高めたい」とし「タイのルンピニーのベルトもまた目指したい」と日本人未踏のムエタイ最高峰を再び目指すつもりだ。

 最後の大崎は「僕たち軽量級の選手が大きな大会で、しかもメインイベントをやらせていただくことはなかなかない。軽量級らしくスピード、パワー、テクニックがいっぱい見せられる熱い試合をして、盛り上げたい」と、大舞台でのベルト獲りに意気込んだ。

【大会・チケット情報】 12・9 キックスロード「KING OF KNOCK OUT 2018」

●編集部オススメ

・大崎一貴、ルンピニー王者に大健闘も王座奪取ならず

・大流血タネヨシホが捨て身のラッシュも大崎一貴がTKO勝ち

・12・9両国国大会でラウンドガールを務める大貫彩香がGoGoクイーン初代女王に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース