TOP > ニュース

【Invicta FC】王座をかけての5カ月ぶり再戦へ、両者万全の仕上がり(動画あり)

2018/12/15(土)UP

アトム級タイトルマッチで対戦する王者フレイ(左)と挑戦者グルサンダー(右)

 12月15日(土・現地時間)アメリカ・ミズーリ州カンザスシティのスコティッシュ・ライト・テンプルで開催される女子総合格闘技大会『Invicta FC 33』の前日計量が、14日(金・同)に行われた。

 メインイベントのInvicta FC世界アトム級タイトルマッチで、初防衛を目指す王者ジン・ユ・フレイ(33=アメリカ)は104.5ポンド(約47.4キロ)、挑戦者のミナ・グルサンダー(29=フィンランド)は104.8ポンド(約47.54キロ)。ともにリミットの105ポンド(約47.7キロ)をクリアーし、引き締まった肉体で万全の仕上がりをアピールした。

 両者は今年7月、浜崎朱加が返上したInvicta FC世界アトム級王座をかけて激突。試合は最終5Rまでもつれ込み、フレイが判定勝ちで王座獲得を果たした。今回は中5カ月でのダイレクトリマッチとなる。

 フレイは2013年4月にプロデビュー。翌年9月のプロ3戦目からInvicta FCを主戦場にトップ選手として活躍を続けている。2016年9月にも同団体の世界アトム級タイトルマッチを戦っているが、この時は当時の王者・浜崎にTKO負け。それから約2年の時を経て、2度目の挑戦で悲願の王座をつかんだ。戦績は7勝3敗。

 対するグルサンダーは2015年10月にプロデビュー。昨年2月にパンクラスで迎えたプロ3戦目で朱里に判定で敗れ、これが初黒星となった。その後4連勝でInvicta FC世界アトム級王座決定戦に臨んだが、フレイの牙城を崩すことができず。戦績は6勝2敗。今回は短期間でのリベンジマッチだ。

 7月の初対決前の計量では笑顔を見せる場面もあったフレイだが、今回は表情を一切崩すことなく終始鋭い眼光。一方のグルサンダーは前回と同様、リラックスした様子で時おり笑みを浮かべた。王座をかけての再戦まで、あとは試合開始のゴングを待つのみとなった。

 なお、今大会でInvicta FCデビュー戦に臨む予定であった村田夏南子(25=フリー)は、6日(木・現地時間)に主催者から負傷欠場が発表されている。

Photo by Dave Mandel, Invicta FC

●計量の動画

●編集部オススメ

・フレイが難敵攻略し悲願の初女王に輝く

・ワンダーウーマンvs大胆ビキニ、王座争う2人が計量で前哨戦(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース