TOP > ニュース

【RISE】16歳の無敗王者・田丸辰が、MA王者・一樹を迎え「来年一発目の試合、倒します」

2018/12/19(水)UP

RISEとMAの新王者同士が対決する

 2019年2月3日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 130』の追加対戦カードが発表された。
 
 11月大会で金子梓との無敗対決を制し、RISE初代スーパーフライ級王者に就いた田丸辰(たまる・とき/16=平井道場)が参戦。MAキックスーパーフライ級・現王者の一樹(PLACE-K)と激突する。

 田丸はジュニア時代から数々のアマチュアタイトルを獲り、昨年9月にプロデビュー。サウスポーで、卓越したボクシングテクニックとスピード・ディフェンスを持つ。デビュー後1年2ヶ月でRISE王者となり、現在8戦8勝の無敗街道を驀進中。

無敗同士の王座決定戦でダウンを奪う田丸

 自身のSNSでは「来年一発目の試合。こんな所で負けてたら話になりません。勝ちます。倒します」とKO勝利で新年一発目を飾ると意気込んでいる。目標とする那須川天心戦に辿りつくまで2019年も突っ走ることが出来るか。

 対する一樹はMAキックやDEEP☆KICKなどで活躍する大阪の選手で、RISEは初参戦。田丸と同じく今年11月に、MAキックの同級タイトルマッチで渡部ヒロシを下し新王者となっている。アグレッシブに前に出るスタイルで、強烈なローキックを武器とする。
 MAキックと関西からの看板を背負った一樹が、田丸に初黒星をつけるか。

高橋幸光が参戦。無敗の山田洸誓と対決

 また、スーパーライト級の一戦で二冠王・高橋幸光(30=はまっこムエタイジム)vs無敗の空手家・山田洸誓(25=正道会館 高知)が決定。

 高橋はテコンドーがバックボーンで、テコンドーの多彩な蹴り技とステップをムエタイに融合させたスタイルの持ち主。2013年6月から2014年8月まで10連勝を飾り、J-NETWORKとMAキックの二冠を制した。RISEには13年に参戦しており、極真の渡部理想を1ラウンド僅か16秒ハイキックでKOしている。

13年のRISEで秒殺KOした高橋

 対する山田は正道会館の全日本空手道選手権連覇者。2017年3月のプロデビューから7戦全勝を記録している。6戦目のDEEP☆KICK王者・憂也戦で連続KO記録は途絶えたが、11月では再び1ラウンドKO勝利した。

 高橋が渡部に続き空手出身ファイターを破るか、山田が怒涛の勢いで歴戦の二冠王をもKOで葬るのか。

▼-53kg契約 3分3R延長1R
田丸 辰(平井道場/初代RISEスーパーフライ級王者)
vs
一 樹(PLACE-K/MA日本スーパーフライ級王者)
 
▼スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
高橋幸光(はまっこムエタイジム/元MA日本ライト級王者、元J-NETWORKライト級王者)
vs
山田洸誓(正道会館 高知/同級2位)
 
▼フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R
津田鉄平(新宿レフティージム/同級10位)
vs
澤谷大樹(HAWK GYM/同級11位、2018年RISING ROOKIES CUPフェザー級優勝)

▼フェザー級(-57.5kg)3分3R
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/2018年RISING ROOKIES CUPフェザー級準優勝)
vs
門口佳佑(EX ARES/那須川天心挑戦者決定トーナメント優勝)

●編集部オススメ

・無敗対決を制した16歳・田丸辰が初代王者に、那須川天心も祝福

・高橋、前口太尊との王者対決を制して二冠王に君臨

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース