TOP > ニュース

【ベラトール】UFCの開催延期で興行戦争がなくなる

2018/12/21(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

決勝で王座を懸けて対戦するヒョードル(右)とベイダー(左)。興行戦争がなくなり、大きな注目を集めるだろう

 2019年1月26日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで開催されると発表されていた総合格闘技大会『UFC 233』が開催延期となった。UFC公式サイトのスケジュールからも削除されている。

 当初、同大会ではUFC世界フライ級王者ヘンリー・セフード(31=アメリカ)が、一階級上のUFC世界バンタム級王者T.J.ディラショー(32=アメリカ)を挑戦者に迎え、初防衛戦を行う王者同士によるタイトルマッチというスーパーファイトが決定していたが、この試合は1月19日(土・現地時間)ニューヨーク州ブルックリン・バークレイズ・センターで開催される『UFCファイトナイト・ブルックリン』へ移動となった。

セフード(左)とディラショー(右)の現王者対決は1月19日大会にスライドした

 1月26日は同じカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムにて、UFCに次ぐ規模を誇る団体『Bellator MMA』の開催が決定しており、この日は世界1位と世界2位のMMA団体が興行戦争を行うと注目されていた。両会場は約56kmほどしか離れていなかった。

『Bellator MMA』では世界ヘビー級王座決定トーナメントの決勝戦、エメリヤーエンコ・ヒョードル(42=ロシア)vsライアン・ベイダー(35=アメリカ)が行われる。

●編集部オススメ

・【ベラトール】ヒョードルvsベイダーの決勝戦、実施日・会場が決定

・【UFC】セフードvsディラショーの王者対決が来年1月に実現

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース