TOP > ニュース

【レベルス】剛腕KOUMAと三日月蹴りの宮元啓介が初対決

2018/12/27(木)UP

KOUMA(左)vs宮元(右)の、パンチvs蹴り対決

 2019年2月17日(日)東京・新木場のスタジオコーストにて開催される『PANCRASE REBELS RING.1』の追加対戦カードが発表された。

 WPMF日本スーパーバンタム級王者KOUMA(34=WSRフェアテックス荒川)と、元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者・宮元啓介(26=橋本道場)が激突。

 KOUMAはハードパンチャーで、気持ちの強さを前面に出すファイター。プロデビューは28歳と遅いが、3年後の15年にWPMF日本スーパーバンタム級王座を獲得。昨年6月にはREBELS-MUAYTHAI同級王座も獲得した。

強打が武器のKOUMA

 しかし11月にWPMF王座の防衛に失敗、続いて今年4月にREBELS-MUAYTHAI王座からも陥落と無冠に。WPMF王座復帰を期して臨んだ10月のM-ONEで、三冠王・竹内将生に2RTKO勝利。見事王座を取り戻した。

 対する宮元は三日月蹴りなど空手仕込みの足技を得意とし、国内軽量級のトップクラスで活躍。これまでWPMF世界スーパーバンタム級王座を始め5本ものチャンピオンベルトを獲得。那須川天心を始め、小笠原瑛作、江幡塁ら国内トップ選手たちとしのぎを削ってきた。

胴回し回転蹴りを繰り出す宮元

 今年10月には元WPMF世界スーパーバンタム級王者・ダウサコン・モータッサナイに勝利、12月は元INNOVATIONフェザー級王者・櫻木崇弘に判定勝ちと連勝している。

 勝つも負けるもKOかTKOという勝負を展開してきたKOUMAの剛腕が火を噴くか、宮元の三日月蹴りが腹を突き刺さすか。

 なお今大会は2部構成となり、上記の一戦は2部である”NIGHT”で行われる。

<決定対戦カード>
▼スーパーバンタム級 3分3回戦(延長あり) REBELS-MUAYTHAIルール
KOUMA(WSRフェアテックス荒川/WPMF日本スーパーバンダム級王者)
vs
宮元啓介(橋本道場/元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)

 

●編集部オススメ

・KOUMAのヒジがさく裂、TKO勝ちで王座返り咲き

・55kg最後の砦、宮元を破り”最強”を宣言した那須川天心

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース