TOP > ニュース

【ボクシング】「拳四朗を9RまでにKOする!」挑戦者がKO宣言

2018/12/29(土)UP

計量を終え、ポーズをとる拳四朗とフアレス

 12月30日(日)に大田区体育館で開催されるトリプル世界戦で5度目の防衛戦に臨むWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26=B.M.B)と、挑戦者で同級7位のサウル・フアレス(28=メキシコ)が29日、都内で計量を行なった。

 拳四朗は背中にギャル書道家・なちゅさんによる書「The  Amazing Boy I’m real 拳 Baby Face」と入れて登場し、200gアンダーの48.7㎏でクリア。挑戦者のフアレスはリミットちょうどの48・9㎏でクリアした。

計量を終え水を飲む拳四郎、背中には「I’m real 拳」の書

 14戦全勝(8KO)の王者・拳四朗は現在3連続KOと絶好調。
減量も順調に体重が落ちたという拳四郎、計量ををクリアし焼肉店『西麻布けんしろう』の特製の肉弁当を食べた。「お肉も食べてドリンクも飲んで元気になった。パンチをもらわず全力を出してKOで勝つ」とKO宣言。

 相手のフアレスは24勝(13KO)8敗2分で、2016年8月にはWBC世界ミニマム級王座に挑戦経験もある。
「遅くとも9Rまでに必ずKOする。1RからKO狙っていく」と3連続KO中の王者を逆にKOして王座奪取すると宣言した。

●編集部オススメ

・メリンドの動きを止めた、拳四朗を勝利に導いた3つのジャブ

・拳四朗が再戦圧勝へ、8万円超の牛肉弁当食らう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース