TOP > ニュース

【DEEP】元谷友貴vsビクター・ヘンリー決定、タイトルマッチで激突

2019/01/12(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

元谷(左)が最強の挑戦者ヘンリー(右)を迎えての初防衛戦

 3月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 88 IMPACT』の追加対戦カードが発表された。

 DEEPバンタム級タイトルマッチとして、王者・元谷友貴(フリー)vs挑戦者ビクター・ヘンリー(アメリカ/UWF USA/HF)が決定。

 元谷はデビューからわずか7戦目で初代DEEPフライ級王座に就き、初防衛戦は敗れたが以後は怒涛の10連勝。2014年8月にはフライ級王座も奪回した。2017年4月の『RIZIN』では堀口恭司に敗れたが、堀口を相手に判定までもつれ込んでいる。

大みそかRIZINでは元UFCファイターのジャスティン・スコッギンスからネックシザースで一本勝ちを奪った元谷

 その後、打撃技術を磨くためブラジルの名門シュートボクセ・アカデミーにて武者修行、2018年2月に約10カ月ぶりに復帰すると、修斗環太平洋バンタム級王者・祖根寿麻らにDEEPとRIZINで5連勝(3勝が一本勝ち、1勝がTKO勝ち)。10月にはDEEPバンタム級王座を獲得して2階級制覇に成功した。

 ヘンリーはジョシュ・バーネットの愛弟子で、2014年7月のGRANDSLAM旗揚げ戦では所英男にKO勝ち。2015年2月のGRANDSLAM第2回大会では、元修斗世界フェザー級王者・上田将勝をヒザ十字固めで下した実力者。

日本人トップクラスをことごとく破って来たヘンリー(左)。大塚も前蹴りでマットに沈めた

 2015年5月からはパンクラスに定期参戦し、日本で無敗のまま同年12月に石渡の持つパンクラス・バンタム級王者に挑戦したが、大接戦の末に判定負け。昨年8月、DEEPに初参戦すると第3代DEEPフェザー級&第2代・第5代EEPバンタム級王者・大塚隆史を前蹴りでKOした。

 元谷にとってまさに最強の挑戦者を初防衛戦で迎え撃つこととなった。

<決定対戦カード>

▼DEEPバンタム級タイトルマッチ 5分3R
元谷友貴(フリー/王者)
vs
ビクター・ヘンリー(アメリカ/UWF USA/HF/挑戦者)

●編集部オススメ

・2年ぶり大みそか出場の元谷友貴が鮮やか一本勝ち

・ジョシュ・バーネット愛弟子が大塚隆史、SARAMIをKO撃破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース