TOP > ニュース

【シュートボクシング】宍戸大樹vsキック2冠王・笹谷淳のヒジ打ち対決

2019/01/13(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

宍戸(左)と笹谷(右)のSBとキックボクシングのベテラン対決。両者ともヒジが得意

 2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)の2019年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2019 act.1』の追加対戦カードが発表された。

 元SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(41=シーザージム)が、元J-NETWORKウェルター級&スーパーウェルター級王者・笹谷淳(43=TEAM COMRADE)を迎え撃つ。

宍戸(右)もヒジ打ちを得意とする

 宍戸は長期にわたって70kgトップ戦線で活躍し、アンディ・サワー、ブアカーオ・ポー.プラムックといった世界の強豪と激戦を繰り広げてきた。2016年4月に引退試合を行ったが、2018年4月に電撃復帰。2連勝を飾ったが、8月のKNOCK OUTで緑川創、11月のSBで北斗拳太郎に敗れ連敗中。今回が復帰5戦目となる。

SB日本スーパーウェルター級王者・北斗拳太郎(右)と流血ヒジ合戦を演じた笹谷(左)

 対する笹谷はJ-NETWORKを主戦場とし、様々な団体に出場。2002年11月にデビューし、今回が51戦目とキャリアも豊富な大ベテラン選手だ。1月6日の新日本キックでは日本ウェルター級1位・政斗からダウンを奪って26勝目をあげた。また、2012年4月には宍戸が敗れた緑川からも勝利を奪っている。

 まだまだ若い世代には負けないSBとキックボクシングのアラフォーファイターたちが、どんな試合を見せてくれるのか。両者ともヒジ打ちにこだわりを持つだけにスリリングな試合となりそうだ。

<追加対戦カード>

▼68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)
vs
笹谷 淳(team COMRADE/元J-NETWORKウェルター級&スーパーウェルター級2階級王者)

●編集部オススメ

・宍戸大樹が縦ヒジ一閃、元修斗王者・土屋大喜にTKO勝ち

・笹谷淳がダウンを奪い王座挑戦権を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース