TOP > ニュース

【パンクラス】修斗世界1位ライリー・ドゥトロの相手は翔兵

2019/01/16(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初参戦のドゥトロ(右)を迎え撃つのが翔兵(左)に決まった

 3月17日(日)東京・新木場のスタジオコーストで開催される『PANCRASE 303』の追加対戦カードが発表された。

 パンクラスに初参戦が発表されていた修斗世界フライ級1位ライリー・ドゥトロ(アメリカ)の対戦相手が、パンクラス・フライ級3位の翔兵(升水組) に決定した。

 ドゥトロは日本人ファイターも数多く参戦しているグアムのMMA(総合格闘技)団体『PXC』を主戦場とするハワイアン。長い手足から放たれる打撃を武器に、今年7月に敗北するまでは7連勝、4連続KO勝利している。

 修斗には昨年の10月に初参戦し、RIZINにも参戦した初代WSOF-GCフライ級王者・中村優作に2RでKO勝利。さらに今年1月には無敗の新鋭・田丸匠を怒涛のパンチ連打で初回KO葬している。

 迎え撃つ翔兵は2018年2月に約1年ぶりの勝利を手にして連敗を脱出すると、10月大会では一気にランキングを上げてきたフライ級6位・秋葉太樹をアグレッシブに攻めて判定勝ち。2018年を全勝で終えた。鳴り物入りで初参戦を果たすドゥトロに一泡吹かすことが出来るか。

連勝中の東(左)はソユン(右)と仕切り直しの一戦

 また、パンクラス女子バンタム級1位・東陽子(和術慧舟會AKZA)はチョン・ソユン(大韓民国)と対戦。両者は2018年11月に対戦が決まっていたが、練習中に怪我を負って欠場。仕切り直しの対戦となる。

 東は柔道で2002年全国高等学校選手権優勝、2003年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持ち、日体大柔道部時代は全日本強化選手にも選ばれている。講道館杯全日本柔道体重別選手権を始めてとして数々の全日本クラスの大会で活躍。2017年11月にプロデビューを果たし、デビュー戦は敗れたがその後は2連勝している。

<決定対戦カード>

▼フライ級 5分3R
翔兵(升水組/パンクラス・フライ級3位)
vs
ライリー・ドゥトロ(アメリカ/I&I TRAINING CENTER/修斗世界フライ級1位)

▼バンタム級 3分3R
東 陽子(和術慧舟會 AKZA/パンクラス・バンタム級1位)
vs
チョン・ソユン(大韓民国/KOREAN TOP TEAM)

▼ライト級 3分3R
小林 裕(フリー/2016年ネオブラッドトーナメント同級優勝)
vs
阿部右京(太田道場)※初参戦

●編集部オススメ

・修斗世界フライ級1位ライリー・ドゥトロ参戦

・中村優作をパウンド連打で沈めたドゥトロの試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース