TOP > ニュース

【RISE】那須川天心らファイターの賞金1,000万円を何に使うかの回答が話題に

2019/01/18(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

(左から)裕樹、志朗、那須川、伊藤隆RISE代表、大雅、梅野

 3月10日(日)東京・大田区総合体育館で開幕する、RISE世界トーナメント『RISE WORLD SERIES 2019』の記者会見が、1月17日(木)都内にて行われた。

『RISE WORLD SERIES 2019』は-58kg、-61kgの2階級で行われ、1日で優勝を決めるワンデートーナメントではなくワンマッチ形式で3大会に分けて行われる(準決勝、決勝の日程と会場は後日発表)。優勝は1,000万円、準優勝は200万円と破格の賞金が懸けられる。

 会見では、賞金が懸けられた試合では恒例となる、優勝賞金を手にしたら何に使うか、との質問が今回もされた。通常は「車を買いたい」「旅行に行きたい」「みんなでパーッと使いたい」といった若者らしい回答が多いのだが、今回会見に出席したトーナメント出場の日本人4選手の回答が「素晴らしい」と話題となった。

-61kgトーナメントに出場する裕樹(左)、大雅(中央)、梅野(右)

 -61kgトーナメント1回戦でRISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リー(韓国)と対戦するRISE三階級制覇王者・裕樹(36=ANCHOR GYM)が、「賞金もそうですが、キックボクシングで自分が稼いだお金にはこだわっていて、僕は今までキックボクシングで夢や目標をかなえてきています。そこで稼いだお金は自分の夢のために使ってきたので、今回の賞金とファイトマネーは自分の子供が夢をかなえるための資金にしたいと思います。そして、夢をつなげていきたいと思っています」と答え、会場の感動を誘った。

 同じく-61kgトーナメント1回戦でラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者セクサン・オー・クワンムアン(29=タイ)と対戦する元K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・大雅(22=TRY HARD GYM)は「親孝行したいです」とシンプルながらも立派な答え。

 2017年EM LEGEND-65kg王者ル・ジュン(23=中国)と-61kgトーナメント1回戦で対戦する元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(30=PHOENIX)は、「僕は物欲がないので。これが欲しいというものが無いんです。1,000万円が凄い額だとも思わないので、時が来たときに投資に使おうかな、と。その時にお金を生み出す仕組みに使うと思います。そのお金は大切な人のために使いたい。自分で使おうとは思いません」と、引退後に役立てたいという。

-58kgトーナメントに出場する志朗(左)と那須川(右)はそろってボランティアに使いたいと語った

 -58kgトーナメント1回戦でWAK-1F K-1ルール世界王者ウラジスラフ・ミキータス(23=ウクライナ)と対戦するISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(25=BeWELLキックボクシングジム)は、「僕はプロデビューした時からファイトマネーの一部を熊本の震災に遭われた方々やタイの恵まれない子供たちに寄付しているので、賞金が入れば支援できることが広がるのでそこにあてたい」と、デビュー時から続けているボランティア活動に使いたいと話す。

 そして、-58kgトーナメント1回戦でWKN世界ムエタイ58kg級王者フェデリコ・ローマ(33=アルゼンチン)と対戦するRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)は、「自分もPEACE PROJECTというものをやっているので、恵まれない子供たちに寄付したいと思います。あとは親に渡します」と語った。

 PEACE PROJECTとは特定非営利活動法人で、東日本大震災で被災した東北3県、特に福島県沿岸部を中心に活動を続けている社会貢献プロジェクト。その中で那須川は「天心ファミリープロジェクト」として、養護施設やグループホームで生活をする子供たちに格闘技を教えたり、自分の試合に招待したり、ランドセルなどをプレゼントする活動を行っている。

【大会・チケット情報】 3・10 RISEクリエーション「Cygames presents RISE WORLD SERIES 1st Round」

●編集部オススメ

・那須川天心、世界トーナメントで「集大成を見せる」

・梅野源治が世界トーナメントに電撃参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース