TOP > ニュース 一覧

【NJKF】栃木でラウンドガールオーディション開催、音大出身グランプリらが地元大会盛り上げる

2019/01/19(土)UP

ラウンドガールムービー&写真集
ラウンドガールの動画や写真集はこちら! 中井りんのラウンドガール初挑戦(パンクラス)、ラウンドガール同士のビジュアルファイト(J-NETWORK)等、多数

左から審査員特別賞の三戸部、グランプリのあわい、準グランプリのかな

 4月21日(日)ニューサンピア栃木にてニュージャパンキックボクシング連盟の栃木大会『DUEL.17』が開催される。昨年5月、地元ジムVERTEXとZEROの主催でNJKF初の栃木大会として行われた『DUEL.15』に続いて、今回が2度目の開催。

 前回は超満員札止め1,030人の観衆を集め盛況だった栃木大会。今年もさらなる大会盛り上げのため、初のラウンドガールオーディションを地元で開催。書類選考を通貨した7名の参加者が、1月12日(土)に宇都宮市オリオンスクエアで行われた最終審査に臨んだ。

書類選考を通過した7名によって最終決戦が行われた

 当日は最高気温が10度に満たない寒空での開催となったが、7名の参加者はタイ語、テニスのサーブ、フルート演奏、シャドーボクシングと、様々なデモンストレーションで自身をアピール。陽が落ち、さらに寒さは増していったがそれに負けない熱意でラウンドガールへの思いを語り、水着に着替えラウンドボードを持ってのウォーキングも行った。

 その後、5名の審査員が厳正な審査を行い3名の合格者が決定。グランプリに輝いたのは音大出身でフルートを学んだあわいあお(B83・W58・H86)、準グランプリは高校時代に400mハードルで関東大会に出場しているかな(B77・W60・H85)、審査員特別賞は大学でアジアの文化と歴史を学ぶ三戸部瑠美(B83・W62・H90)がそれぞれ受賞。

大会アピールのためエキシビションマッチも

 3人はイベントの後で「目標に向かって頑張る選手の方たちと一緒にできるのが楽しみです」(あわい)、「来た人たちが笑顔になれる、そんなラウンドガールになりたいです」(かな)、「自分も体を鍛えて、みなさんの前に立ちたいと思います」(三戸部)と意気込みをコメント。大会の華として4月の『DUEL.17』からラウンドガールを務める。

 また、当日は沖縄アクターズインターナショナル宇都宮校によるパフォーマンス、栃木出身の歌手サトウヒロコによるライブ、VERTEXとZEROの選手によるエキシビションマッチ、キック体験会も行われ、下校途中の女子高生が参加するなど好況で、大会への関心を高めた。

●編集部オススメ

・YETI達朗の挑戦者にT-98、他団体王者たちが乗り込む

・イケメン・中野椋太が2ダウン奪取で新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

ラウンドガールムービー&写真集
ラウンドガールの動画や写真集はこちら! 中井りんのラウンドガール初挑戦(パンクラス)、ラウンドガール同士のビジュアルファイト(J-NETWORK)等、多数

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧