TOP > ニュース

【DEEP】女ランボー、2戦目は女子アナ格闘家と

2019/02/07(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

白星が欲しい2人の対戦。宗田(左)と武井(右)の打撃対決

 3月16日(土)東京・新宿FACEにて開催される『DEEP TOKYO IMPACT 2019』の主要対戦カードが発表された。今大会では女子の試合(DEEP JEWELS)も組まれ、宗田智美 (HIDE’S KICK)と武井藍(32=本宮塾)が対戦する。

 宗田はキックボクシング&シュートボクシングからMMA(総合格闘技)に転向。昨年12月のDEEP JEWELSでプロデビューを果たし、“くびれが美しすぎる女子格闘家”まど花(現マドレーヌ)をチョークスリーパーで絞め落として一本勝ちを飾ったが、2戦目で格上のYuko.Sと対戦して腕十字で一本負け。12月大会では“戦うアイドル”川村虹花に判定負けと連敗中。

チョークコイルを極める宗田

 また、宗田は女子アナウンサーの経歴を持つ異色の格闘家。ニッポン放送『ショーアップナイターニュース』のリポーターを務め、現在も司会事務所に所属してイベントのMCやナレーション、タレントなどの仕事をしている。

 対する武井は2歳で空手を始め、小学5年で黒帯を習得。様々な大会に出場して優勝・入賞し、20歳で自身の流派として武井塾を設立。また、14歳の時にパワーリフティングも始めて世界大会や日本選手権に出場し、全日本選手権を8連覇。日本記録を13個保持(当時)し、ベンチプレスでは2003年にサブジュニアで87.5kgの世界新記録(当時)を樹立。現在はエイベックス所属のボディーメイクトレーナーとして活躍。

ハイキックを繰り出す武井

 テレビ番組にも出演し、切り傷を自分で縫ったり、骨折した際に割り箸を添え木にして自分で治したりといったエピソードを披露したことから、“女ランボー”と呼ばれた。昨年9月大会で満を持してMMAデビューを飾ったが、寝技でマドレーヌに一本負けを喫して黒星デビュー。

 両者とも打撃系格闘技をバックボーンに持つが、宗田はテイクダウン&寝技にも十分に対応できるところを試合で見せている。2戦目で武井がどこまで寝技に対応できるようになったかが勝敗の分かれ目となりそうだ。

女ランボー武井のバキバキに割れた驚異の腹筋

<決定対戦カード>

▼DEEP JEWELS ミクロ級 5分2R  
宗田智美 (HIDE’S KICK)
vs
武井 藍(本宮塾)

●編集部オススメ

・まど花が宗田に失神一本負け

・注目のプロデビュー迎える“女ランボー”武井藍「力と気持ちは誰よりも強い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース