TOP > ニュース

【UFC】アンデウソンvsアデサニアは「異次元っぽい試合が起こるんじゃないか」(高阪剛)

2019/02/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

約2年ぶりの試合となる元・絶対王者のアンデウソン(左)photo=Getty Images

 2月10日(日)オーストラリア・メルボルンのロッド・レーバー・アリーナにて『UFC 234』が開催される。この大会は当日正午よりWOWOWにて生中継されるが、同番組で解説を務める、日本人UFCファイターの先駆けであり、現役総合格闘家である高阪剛(48)が見どころを語った。

 メインカードのひとつとして行われるアンデウソン・シウバ(43=ブラジル)vsイズラエル・アデサニア(29=ナイジェリア)。アンデウソンは全階級を通じて最多連勝記録(16連勝)を持ち、UFCミドル級王座は10度防衛(歴代2位)して“絶対王者”と言われた存在。11度目の防衛戦で敗れてからは連敗したが、前回2017年2月にはデレク・ブランソンから約5年ぶりの勝利をあげた。

高阪が注目選手にあげるアデサニア photo=Getty Images

 対するアデサニアは高阪が以前から注目していた選手だと言い、「こいつはタダ者じゃないな、と強く思ったのは、昨年7月にやったブラッド・タヴァレス戦です。自分の“制空圏”というものを明確に持っていて、そこに相手を入れさせない、自分の距離で試合をやり通すことが出来る選手だなと、強く印象に残りました。総合格闘技における自分の世界に、相手を追い込んでいくというか、ハメていくというか。その試合の作り方が、凄く上手いなと感じました。それは相手が分かっていても、だんだんそこに入っていってしまう類のものなんです」と、自分のペースに巻き込むのが上手い選手だと評価。

 アンデウソンとの試合は「アンデウソンもまた、アデサニアのような『自分の制空圏で戦う』ということがしっかり出来る選手なんです。自分のMMA(総合格闘技)というものがアンデウソンの中にあって、それをやりきる、そしてチャンスと見るや畳み掛けるのが強い。だから自分の制空圏を持った者同士、どっちが主導権を握るのか、どっちが先に仕掛けるのか、それとも僕らには分からない相手のミスに付け入るのか…そんな異次元っぽい試合が起こるんじゃないかと思います」と、これまでとは次元が違うMMAの試合が見られるかもしれないと予想する。

試合の見どころを語ったUFC解説者の高阪

 そして「例えば、お互いが何も攻撃を出さず、向かい合っているだけのように見えるのに、両者の間でもの凄い駆け引きが行われていたりとか。ただ、やりにくさは必ず起こると思うんですよ。似たような相手なので、自分自身と試合をしているような、そんな錯覚に陥るかもしれない。だから新旧の天才同士の戦いで、今回、世代交代が起こるのか。それともアンデウソンが、再びタイトル奪回に向けて前進するのか。UFCの今後を大きく左右する一戦であることは間違いないですね」と、この試合が大きな意味を持つと断言した。

 WOWOWでは2月10日(日)12時〜15時半まで生中継。石原戦の他にミドル級王者ウィテカーの初防衛戦や、アンデウソン・シウバが2年ぶりに復帰し絶好調のアデサニヤと激突する。

●編集部オススメ

・アンデウソンが涙の復活勝利

・メインイベントでアデサニアが大差の判定勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース