TOP > ニュース

【グラチャン】所英男が参戦、古巣のZST現王者と激突

2019/02/14(木)UP

所(左)とZST王者・竿本がグラップリングマッチで激突

 3月10日(日)東京・大田区産業プラザPIOにて開催されるGRACHAN×BRAVE FIGHT合同興行『BRAVE FIGHT 18×GRACHAN 39』の追加対戦カードが発表された。

 所英男(41=リバーサルジム武蔵小杉所プラス)が参戦。第4代ZSTフライ級王者・竿本樹生(さおもと・たつき/22=BRAVE GYM)と、グラップリング(組み技)マッチのクインテットルール5分1Rで対決する。

 HERO’SやDREAM、ZSTで華々しい活躍をしてきた所は、近年はRIZINに参戦。得意の関節技で才賀紀左衛門や山本アーセンを仕留めてきたが、17年の「RIZINバンタム級トーナメント」1回戦で堀口恭司と対戦、右フックからのパウンドでKO負けした。

下からの腕十字で山本アーセンを極める所

 以降、総合格闘技の試合には出場しておらず、昨年4月に旗揚げされた桜庭和志プロデュースのグラップリングイベント『QUINTET』(クインテット)で活躍している。

 対する竿本はレスリングで高校インターハイ3位、ジュニアオリンピックカップ2位、全国高校グレコローマンスタイル2位などの実績を持つ。昨年5月に王座決定戦を制してZSTフライ級王座を戴冠。10月には、RIZINでも活躍する第3代ZSTフライ級王者・伊藤盛一郎との新旧王者対決を制し、殊勲と言える勝ち星を挙げた。

元柔道全日本強化選手にも勝利した竿本

 互いに寝技で止まらず動ける豊富なスタミナを持ち、見ていて飽きさせない展開を得意とする。所はZST旗揚げ戦から2006年まで主力選手として活躍し、2004年にはZSTフェザー級グラップリングトーナメントで優勝を果たしており、15年の時を超えたZSTのトップ対決とも言える。

 竿本は自身のSNSで「7年前くらいの自分に7年後、所選手と試合するぞ!って言ってやりたいです!5分1Rなので何もさせないくらい仕掛けまくって全力で極めに行きます」と闘志を燃やしている。

 クインテットルールは「関節・絞め技で一本を奪い合う」ことを目的としており、審判が消極的と判断した場合には指導が与えられ指導3回で失格負け。時間切れの場合、判定は行わずドローとなる。

<対戦決定カード>
▼グラップリングマッチ クインテットルール5分1R
所英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)
vs
竿本樹生(BRAVE GYM)

●編集部オススメ

・白熱の新旧王者対決、伊藤盛一郎を竿本樹生が破る

・所がアーセンに鮮やか一本勝ち、山本KIDへ対戦要求

・山本美憂、浅倉カンナ、神取忍がチームRIZINで参戦へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース