TOP > ニュース

【Krush】軍司泰斗、挑む王座トーナメント決勝は「KOで」

2019/02/14(木)UP

玖村とのパンチ勝負をKOで制する

 2月16日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.98』の第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦に、第2代バンタム級王者・軍司泰斗(20=K-1ジム総本部チームペガサス)が出場する。

 対戦相手はNJKFの上位ランカーとして活躍し、Krush参戦後は無敗の快進撃を続ける玖村将史(20=K-1ジム五反田チームキングス)。

準決勝では2勝1敗で負け越していた椿原龍矢(右)との激闘を制した

 軍司は玖村について「試合を見ていて“強い”というよりは“上手い”選手という印象ですね。相手の攻撃を避けて、自分のタイミングで攻撃を当ててKOするタイプ」とテクニシャンと評する。「僕も椿原選手や大岩翔大選手と戦っていて、玖村選手はその2人からダウンを取ったり、KOして勝っているので、そこは凄いなと思います」と語る軍司。

 切れ味鋭いパンチを得意とする軍司だが、同じくパンチを得意とする玖村との試合は「噛み合うのかなと思っています。(K-1ジム総本部・梶原)龍児さんからも『決勝に上がってくるのは絶対に玖村選手だ。一回戦・準決勝を無事に勝って、最後にKOで勝てばいい』と言われていました」と、パンチ勝負でKO勝利を狙う。

もう一つの得意技・空手仕込みの上段前蹴りも出るか

 今回のトーナメントメンバーで唯一、Krushのベルトを巻いたことのある軍司は「去年6月の防衛戦で負けてベルトを失った状況で、スーパー・バンタム級の王座決定トーナメントという形でチャンスをもらいました。僕はすぐにでもチャンピオンに戻りたいし、ここで勝って終わりではなく、ここから先に進んで行こうと思います」と今回勝ってからが勝負だと言う。

「一回戦・準決勝はあまり良い試合が出来なかったんで、決勝はしっかりインパクトを残してKOで勝つ」と、王座返り咲きをKO勝利で飾ると意気込んだ。

●編集部オススメ

・軍司が椿原を振り切って決勝へ

・プロ6戦目の金子が軍司から王座奪取、延長R残り1秒でダウン奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース