TOP > ニュース

【Invicta FC】初戴冠を目指す両者が計量パス=フライ級王座決定戦(動画あり)

2019/02/15(金)UP

新王座を争うポルト(左)とゴンザレス(右)。両者とも派手めな出で立ちで計量に臨んだ

 2月15日(金・現地時間)アメリカ・カンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールで開催される女子総合格闘技大会『Invicta FC 34』の前日計量が、14日(木・同)に行われた。

 女子総合格闘技団体の世界最高峰と言われるアメリカ『Invicta FC』の2019年第一弾大会。そのメインイベントはInvicta FC世界フライ級王座決定戦だ。

 前王者ジェニファー・マイア(30=ブラジル)のUFC移籍により空位となった王座を懸けて、ヴァネッサ・ポルト(34=ブラジル)とパール・ゴンザレス(32=アメリカ)が対戦する。

 ポルトは124.7ポンド(約56.56キロ)、ゴンザレスは124ポンド(約56.25キロ)で、ともにフライ級リミットの125ポンド(約56.7キロ)をパス。両者とも堂々とした様子で、仕上がりの良さと決戦に向けた闘志をうかがわせた。

 ポルトは2005年にプロデビューし、母国ブラジルの団体を中心に活躍。元UFC世界女子フェザー級王者ジャーメイン・デ・ランダミーや、元Invicta FC世界バンタム級王者トーニャ・エヴァンジャーを破ったこともある強豪だ。

 Invicta FCには12年から参戦し、フライ級タイトルマッチも13年と16年の2度経験しているが、いずれも敗戦。今回が3度目の挑戦となる。戦績は20勝8敗。

 対するゴンザレスは12年にアメリカでプロデビュー。17年には『UFC』への出場を果たしたが、2戦2敗で契約終了となった。その後、新天地にInvicta FCを選択。昨年3月の初陣から3連勝と復活を遂げ、今大会で初のタイトルマッチとなる。戦績は9勝3敗。

 ポルトが3度目の挑戦で悲願を果たすか。ゴンザレスが新天地で無敗のまま頂点に上り詰めるか。あとは試合開始のゴングを待つのみとなった。

Photo by Dave Mandel, Invicta FC / Video by Invicta FC

●計量の動画

●編集部オススメ

・UFC帰りゴンザレス、計量オーバーの相手と一触即発(動画あり)

・王座をかけての5カ月ぶり再戦へ、両者万全の仕上がり(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース