TOP > ニュース

【NJKF】本気になった大田原友亮「1Rからガツガツ行って倒しに行く」

2019/02/22(金)UP

本気を出すという大田原

 2月24日(日)東京・後楽園ホールにて開催のニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)主催『NJKF 2019 1st』で、ペットワット・ヤバチョウベース(タイ)と対戦するUKF世界スーパーバンタム級王者・大田原友亮(22=B-FAMILY NEO)のコメントが、主催者を通じて届いた。

 大田原はジュニア時代からタイに拠点を置き、ムエタイの二大殿堂ラジャダムナンスタジアムやルンピニースタジアムで活躍、ムエタイの国際大会『THAI FIGHT』と契約を結ぶなど、世界で活躍してきた日本人キックボクサー。近年は主戦場を日本に移し、昨年8月にはWMC日本フェザー級王座を獲得したが、今年1月にはタイでの活動を再開した。

昨年12月のHIRO YAMATO戦は2RでTKO勝ち

 NJKFには昨年12月に参戦し、HIRO YAMATOをヒジ打ちによるTKOで破った。

「NJKFのリングにまた上がれて、そこで結果を出せたことは凄く大きかったと思う」と大田原。試合前にはNJKF加盟ジムの立川KBAに住み込みで練習し、「タイにいた時はもっと練習していましたが、(怪我から)復帰してからは朝から練習したことが無かったので、久しぶりで大変でした」と久しぶりに朝から練習したことが勝利につながったようだ。

日本に来て1年になるというペットワット

 今回の対戦相手ペットワットは、昨年12月に波賀宙也と対戦して接戦の末判定負けしているが、「タイ人だなって戦い方ですけれど、これが凄いってところもないかなと思います」とあっさり。そして「本気でやったらやっぱりこいつ強い、ってみんなに思ってもらえるように結果を出して、活躍していくことが今年の目標。1月のタイでだいぶ自信になったので、1Rからガツガツ行って倒しに行きます」とKO宣言。

 対するペットワットは大田原の印象を「ジムで映像を見ました。パワーよりテクニックがある選手だと思いました。波賀選手との違いは、試合をしてみないと分かりません」と評し、「3Rが難しいとは思いませんが、ラウンドが少ないので早い流れの展開が必要だと感じました」と、ムエタイとは違う3分3Rの戦い方(ムエタイは3分5R)に気付いたようだ。そして今回の試合は「とにかく勝つことです」と必勝を誓った。

【大会・チケット情報】 2・24 NJKF事務局「NJKF 2019 1st」

●編集部オススメ

・大田原友亮、タイ復帰戦は計量オーバーした相手に判定負け

・タイで活躍の大田原友亮、ルンピニーのセミで4RKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース