TOP > ニュース

山根明前会長が「話題賞」で歓喜のシャドーボクシング、反論宣言も

2019/02/26(火)UP

話題賞を受賞し、ステージでシャドーボクシングを披露した山根氏

 24日、品川区の高輪プリンスホテルで行われた『第28回東京スポーツ映画大賞』のエンタメ部門の話題賞で日本ボクシング連盟・前会長の山根明氏が受賞。嬉しさのあまり、ステージでシャドーボクシングをするなどのパフォーマンスを披露した。

 授賞の際、「アマチュアボクシング界のドロドロをさらけ出し」とブラックな文言を読みあげられた山根氏だったが、その後のトークで審査委員長のビートたけし氏が「新聞やワイドショーをこれだけ盛りあげた人は近年いない。実は冗談の通じる人で、存在感そのものがアウトレイジだと思った」と自身の人気作品を挙げて絶賛した。

控え室で映画「万引き家族」の主演男優賞リリー・フランキー氏と2ショットに収まる山根氏

 不正流用や流行語大賞となった「奈良判定」が騒動となる中、山根氏は年末年始に合計12のテレビ番組に出演したそうだが「他にも5本あったが多忙を極めて断った」という。受賞については「男冥利に尽きる。4人目の妻の前で最高の賞をもらえたことに感謝します」とコメント。来月22日から双葉社から『無冠の帝王 男・山根 半生記』という自叙伝を発売することを発表した。最近でも約1700万円の使途不明金が報告されるなど、いまだ様々な疑惑が報じられる一方で、YouTuberとしての反論を宣言。そのほか週刊誌の相談コーナーなどでも生涯自分の意見を語っていく方針を語った。

●編集部オススメ

・山根明会長が辞任「選手の皆様には申し訳ない」

・プロボクサー五輪解放案に山根氏はノー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース