TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】4月大会のメインも海人、MIOらの参戦も決定

2019/03/03(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前回大会では、強豪タイ人に圧勝した海人

 4月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催される、シュートボクシング(以下SB)のシリーズ第二戦『SHOOT BOXING 2019 act.2』の大会概要が発表された。

 今大会のメインイベントには、前回2月の開幕戦と同じくS-cup65kg世界王者・海人(21=TEAM F.O.D)の出場が決定。

 海人は昨年11月、世界の強豪が集結したSBの祭典『S-cup‐65kg世界トーナメント』で3試合をいずれも圧巻のKO勝利で飾り完全優勝。続く12月にはKNOCK OUTに初参戦し、水落洋祐を圧倒しTKO勝ち。今年2月大会ではWPMF世界&元ルンピニースタジアム認定ウェルター級王者ポンシリー・ポーシリポン(タイ)に圧勝し、現在5連勝中。今回も強豪との対決を予定しているという。

 SB日本スーパーバンタム級王者・植山征紀(22=ファントム道場)の参戦も決定した。植山は軽量級離れした強打を誇り、11連勝を記録したこともある実力者。過去には内藤大樹の保持する王座に挑戦し、逆転負けを喫したが内藤から2度のダウンを奪った。今年2月大会では、それまで無敗であった18歳の安本晴翔に初黒星を付けた。

MIOは前回大会で辛勝だったが、今回は王者らしい試合を見せるか

 さらにSB日本女子ミニマム級王者MIO(23=シーザージム)も2大会連続出場する。MIOは昨年7月のGirls S-cup48kg世界トーナメントで準優勝。その後AbemaTVのレギュラー番組『格闘代理戦争』でMMA(総合格闘技)にチャレンジし、2勝1敗の戦績を残した。今年初戦となった2月大会ではJ-GIRLSミニフライ級王者・寺山日葵(18=TEAM TEPPEN)に辛勝。今回こそ目標とするKO勝ちを実現させることが出来るか。

 また、 SB日本フェザー級王者・笠原弘希、元SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(いずれもシーザージム)の参戦も決定している。

 

●編集部オススメ

・海人、強豪ポンシリーに終始圧倒勝利

・女王MIOが計量クリアー「今年のMIOは違うぞ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧