TOP > ニュース

【DEEP】勝ったら熱唱、越智晴雄「世界一を証明する」

2019/03/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

顔を近づけて王者・越智(左)ににらみ合いを仕掛けた川原(右)

 3月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 88 IMPACT』の前日計量が、8日(金)都内にて15:15より行われた。

 セミファイナルのDEEPストロー級タイトルマッチで対戦する、王者・越智晴雄(34=パラエストラ愛媛)は52.15kg、挑戦者・川原波輝(29=かわはら・なみき/総合格闘技スタジオSTYLE)は51.95kgでそれぞれストロー級リミットの52.20kgをクリアー。

しかし、越智はすぐにバックステップして離れる

 計量が終わると、川原はぐっと近づいて越智ににらみ合いを仕掛けたが、越智はすぐにバックステップで距離を取り、場内の笑いを誘った。

 川原は「明日は通過点です。見ているところは世界なので通過点。レベルの違いを見せます」と豪語。越智は「明日しっかり勝って自分も世界一を証明するために今年はやっていく。その第一歩目です」と、お互いに世界を見ているとコメントした。

 その後、越智に話を聞くと「減量もうまくいってあとはリカバリーして試合をやるだけ」と言い、相手の挑発に関しては「頭がボーッとしていたのであまり聞いてなかったです(笑)。通過点とか言っていたと思うんですが、それはお互い様。まあ、ナメていてもらった方がやりやすいです」と余裕を見せた。

 川原に関しては「ストライカーって感じですね」と評するが、「打撃でも全然自分の方が強いんじゃないかなって思う。組んでも行くし、トータルでどの部分でも負けないことを証明してしっかり勝ちたいと思います」と、全局面で勝つとする。

 また、1月19日に『ONE』で世界ストロー級王者となった猿田洋祐に「世界一は自分です」とSNSを通じてメッセージを送ったことに関しては、「猿田選手に限らず、世界一を証明したいので他のところで一番だって言っている選手に一人ずつ勝って、自分が一番だってことを証明したい」と、今年はストロー級世界最強であることを証明する戦いをやっていきたいと話した。

 最後には「最近インスタライブをやっていないので、明日は場の空気を読んでやりたいです」。越智はファン獲得のためインスタライブをなぜか深夜に行い、「ミッドナイトコンサート」と題して熱唱することがファンの間でウケているが、今回は試合内容がよければリング上で生ライブをすると予告した。

次ページ:全選手コメント

●編集部オススメ

・RIZINでKO勝ちした越智晴雄が凱旋試合で防衛戦

・ジェロム・レ・バンナを破ったロッキー・マルティネスが初防衛戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース