TOP > ニュース

【野良犬祭】KNOCK OUTで活躍する大崎兄弟が揃って参戦

2019/03/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

兄の一貴(左)と弟の孔稀(右)の大崎兄弟

 4月20日(土)東京・新宿FACEにて開催される世界の立ち技格闘技の祭典『野良犬祭(ノライヌフェス)5~守るな 攻めろ!春なんだ~』の主要対戦カードが発表された。

 今大会は、“野良犬”の異名でカリスマ的な人気を博した元キックボクサーの小林さとし(=小林聡)が手掛け、小林と交流の深いプロレスラーの日高郁人(プロレスリングZERO1)が代表を務める株式会社ショーンキャプチャーの運営のもとに開催され、今回が5度目となる。

 今大会にはKNOCK OUTで活躍する大崎兄弟が揃って参戦。兄の一貴は薩摩3373(TARGET)と、弟の孔稀は高坂侑弥(エイワスポーツジム )とそれぞれ対戦する。

薩摩3373

 一貴はパワフルなパンチとローキックのコンビネーションを得意とし、2017年3月に初代WMC日本フライ級王座、2018年4月にLPNJ(ルンピニー・ボクシングスタジアム・オブ・ジャパン=ルンピニースタジアム日本支部)フライ級王座をKO勝ちで獲得。2018年6月にはタイでルンピニースタジアム認定フライ級王座に挑戦した実績を持つ。8月からはKING OF KNOCK OUT初代フライ級トーナメントに参戦し、準決勝でタネヨシホ、決勝戦で石井一成と激闘を繰り広げている。
 
 対する薩摩は約50戦のキャリアを持つ大ベテランでこれまでにREBELS- MUAYTHAIフライ級王座、MA日本同級王座を獲得。首相撲からのヒザ蹴りを主武器にしぶといファイトで若い芽を摘むのか。

アグレッシブファイトを仕掛ける高坂侑弥

 そして、孔稀は一貴と共にハイレベルなテクニックを持ち16試合中11ものKO勝ちがある。これまでにWMC日本スーパーフライ級、J-NETWORK同級王座を獲得。現在はKNOCK OUTを主戦場としており、今年1月にタネ兄弟の兄・タネヨシホを2RKOしたが、2月に弟タネヨシホに5RTKO負けを喫し、今回が再起戦となった。

 対する高坂は多彩な蹴り技を得意とし、TENKAICHIフライ級のベルトを獲得している。2月のRISEでは横手太嵐に勝利し、この流れのまま格上の孔稀撃破を目指す。

野良犬祭実行委員会
「野良犬祭5」
2019年4月20日(土)東京・新宿FACE
開場開場17:00 開始18:30 
※17:30~アマチュアマッチ開始

<決定対戦カード>

▼メインイベント キックボクシング スーパーフライ級 3分5R
大崎一貴(OISHI GYM/WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者)
vs
薩摩3373(TARGET/REBELS- MUAYTHAI&第20代MA日本フライ級王者)

▼アルティメットボクシング 90kg契約 3分3R
ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
vs
齊藤 徹(日本拳法)

▼キックボクシング 52.5kg契約 3分3R
大崎孔稀(OISHI GYM/WMC日本スーパーフライ級、J-NETWORK同級王者)
vs
高坂侑弥(エイワスポーツジム )

▼NJKFミネルヴァ提供試合 50kg契約 2分3R
ほのか(KANALOA GYM)
vs
阿児☆マムシ(契明ジム)

<チケット料金>
SRS席10,000円(パンフレット付) カウンター席10,000円(パンフレット付) S席8,000円 A席6,000円 B席4,000円
※ドリンク代として別途500円が必要
※当日券は500円増し

<チケット発売所>
イープラス http://eplus.jp/scapture/
ローソンチケット http://l-tike.com/(Lコード: 32284)ローソン各店

<問い合わせ>
ショーンキャプチャー info@shawncapture.jp

●編集部オススメ

・大崎一貴、ルンピニー王者に大健闘も王座奪取ならず

・大崎孔稀がテクニック見せつけヒジ打ちKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース