TOP > ニュース

【ベラトール】優勝賞金100万ドルのフェザー級グランプリ開催決定

2019/04/04(木)UP

現王者としてフェザー級グランプリ出場が期待されるパトリシオ・“ピットブル”・フレイレ

 4月2日(火・現地時間)アメリカの総合格闘技団体『Bellator MMA』がイギリスで記者会見を行い、フェザー級(145ポンド・65.8kg以下)グランプリの開催を発表した。

 同グランプリは出場選手16名(後日発表)のもと、今年10月に開幕予定。優勝賞金は100万ドル(約1億1,140万円=2019年4月4日時点)と高額だ。

 近年のBellator MMAにおいて、グランプリの実施はこれが3階級目。昨年1月から今年1月にかけて開催されたヘビー級(265ポンド・約120.2kg以下)グランプリは、決勝戦でライアン・ベイダー(アメリカ)がエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)をわずか35秒でKOし、大きな注目を集めた。

ヘビー級グランプリ決勝戦では、ベイダーがヒョードルを35秒でKOした

 これに続き、昨年9月にはウェルター級(170ポンド・約77.1kg以下)グランプリも開幕。同階級の現王者ローリー・マクドナルド(カナダ)も参戦し、現在までに3名の準決勝進出が決定している。

 ヘビー級とウェルター級には8名の選手が出場したが、フェザー級はその2倍の16名で争うという大規模なもの。さらに、これまでは1回戦を個別の大会で実施してきたが、今回は1回戦の全8試合を同日に行う方向であることも明らかになっている。

 現Bellator MMA世界フェザー級王者パトリシオ・“ピットブル”・フレイレ(ブラジル)の出場については未定。同選手は5月の『Bellator 221』で、マイケル・チャンドラー(アメリカ)のBellator MMA世界ライト級王座に挑戦するため、この試合で勝利した場合は二階級王者として参戦する可能性もありそうだ。

Photo by Bellator MMA

●編集部オススメ

・ベイダーがヒョードルを35秒一撃KOして優勝(動画あり)

・元フェザー級王者ストラウス、交通事故からの復帰戦で涙の一本勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース