TOP > ニュース

【RIZIN】真珠・野沢オークレアが靭帯損傷で欠場、代わりに村田夏南子が参戦

2019/04/17(水)UP

急遽村田(左)の参戦が決定

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』において、サライ・オロスコ(27=メキシコ)と対戦予定であった真珠・野沢オークレア(25=アメリカ)の欠場が発表された。主催者によると真珠は練習中に怪我をして「足首靭帯損傷」と診断を受け、ドクターストップとなったという。
 真珠は野沢直子の娘として注目を浴び、長身のモデル体型から人気も集まり昨年12月には写真集も出版した。RIZIN戦績は2勝1敗。

 代わりに、村田夏南子(26=フリー)の参戦が決定。村田はアマチュアレスリングでJOCネクストシンボルアスリートにも選ばれた実績を持つ。全日本選手権では、吉田沙保里をあと一歩のところまで追い詰めてポテンシャルの高さを証明した。その後、レスリングからプロ格闘家への転身を決意。16年4月に行なわれたRIZIN.1でMMAデビュー。

 その後、アメリカのKOTC、GirlsS-cup、など国内外の様々な団体に参戦し実績を残す。17年は7月のパンクラス、9月のDEEPへ参戦し2連勝を飾ったが、試合中の怪我により戦線を離脱した。約1年半振りの参戦となった今年5月のRIZIN.10ではランチャーナ・グリーン相手にアナコンダ・チョークを極め、初めての一本勝ちを収めた。

 急遽参戦が決まった村田だが、熱戦を展開してくれるに違いない。

 

●編集部オススメ

・真珠・野沢オークレアが再起戦、メキシカンパンチャー迎え撃つ

・村田夏南子が元UFCファイターに絞め技で圧勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース