TOP > ニュース

【格闘代理戦争】皇治軍団が準決勝進出で武尊チームと対戦決定、両者が早くも挑発

2019/05/01(水)UP

入場する皇治軍団

 インターネットテレビ局AbemaTVの人気企画『格闘代理戦争』。この番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリー番組で、格闘技界のレジェンド選手がそれぞれ推薦選手(代理選手)を出し合い、トーナメントで戦わせるというもの。

 4thシーズンの舞台は『K-1』で、武尊、久保優太、木村“フィリップ”ミノル、皇治、芦澤竜誠の現K-1トップファイターと”K-1レジェンド”ピーターアーツの6名が監督となり、アマチュア選手を選び、先鋒・中堅・大将の順の団体戦での勝ち抜きトーナメントを行う。ルールはK-1アマチュア特別ルール(3分2Rでドローの場合は延長1R 延長はマスト判定)で優勝チームには賞金300万円とK-1デビューの権利が与えられる。

ハードパンチャー揃いの木村組

 そのトーナメント1回戦が4月28日(日)都内にて行われ、既報の通り、トーナメント1回戦Aブロックは久保優太率いる『久保優太ファミリー』が芦澤竜誠率いる『芦澤一家』に勝利。準決勝でピーターアーツチームと戦うことが決定したが、Bブロック1回戦は、木村“フィリップ”ミノル率いる『木村組』vs皇治率いる『皇治軍団』が対戦。シードの武尊チームとの準決勝に向け、両者大将戦までもつれ込む接戦となった。

上下の打ち分けと、手数が光った松本(右)

▼Bブロック第1試合
○松本日向(皇治軍団、先鋒)
判定3-0 20-19 20-18 20-19
●片岡祐嘉(木村組、先鋒)

 1R、序盤からお互い近距離で激しい打ち合いを展開。片岡がワンツーでコーナーに押し込むが、松本が左フックから、前蹴りと膝蹴りに繋げて押し返す一進一退の攻防に。2R、松本が左右のフックの連打で先制すると、片岡も右フックや右ミドルで反撃。しかし、終盤松岡が左右のフックからヒザ蹴りのコンビネーションを効かせて、手数とヒット数で上回った。

的確な指示を送る木村監督(右)

▼Bブロック第2試合
○松本日向(皇治軍団、先鋒)
判定 3-0 三者とも20-19
●光原考音(木村組、中堅)

 1R、光原は、ガードを下げて軽快なステップから右のオーバフックを振るっていき、松本は右ロー、左ミドルと上下に蹴りを散らす。後半、松本は遠い距離で戦う光原に接近して右フックをヒットさせた。2R、光原は接近戦に持ち込み、大振りの右フックを見舞っていくが、松本は距離が近づいた時に、ショートの右フック、ボディを的確にヒット。松本は2試合目にも関わらず、松本は運動量を落とさず手数を出し続け2人抜きを達成した。しかし、ドクターチェックで、左肩の脱臼が見つかったためドクターストップとなった。よって中堅の梅田にバトンタッチした。

▶︎第3試合から第5試合、注目の足つり男、武尊と皇治の挑発合戦など

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース