TOP > ニュース

【巌流島】全カード決定! チェ・ホンマン戦ほか、波動拳の使い手vs空手の対決が追加、原翔大は欠場で代役

2019/05/03(金)UP

日本拳法の奥技・波動拳の使い手の左禅丸(左)と極真と古流武術、内家拳ミックスの高久道場の靖仁が対戦決定

 5月11日(土)に舞浜アンフィシアターにて開催される『世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA』全8カードが決定した。

原の代打として柔術の鈴木琢仁が参戦

 今大会の中でも好カードの呼び声高かった「西浦ウィッキー聡生vs原翔大」の一戦が、原の体調不良でドクターストップのため、代打選手として、警察官最強の関根シュレック秀樹の推薦選手のボンサイ柔術の鈴木琢仁(タクミ/23)となった。

 鈴木はシュレックと同じ柔術家だが、打撃も得意としており、ウィッキーに負けず劣らずのトリッキーなファイター。パンクラスのネオブラッド・トーナメントで優勝するなど、プロでも着実に実績を上げている若手のホープだ。
 なお、この一戦は寝技30秒で関節技・絞め技ありの特別ルールで行われる。

 また、追加カードとして日本拳法の奥技・波動拳の使い手として3回目の出場となる左禅丸(46=⽇本拳法)の出場が決定。対戦相手は、錬空武館・高久道場の靖仁(ヤスヒト/28)。

昨年8月、アグレッシブに攻める靖仁(右)

 靖仁は2014年の『K-1 CHALLENGE Aクラス 70kgトーナメント』で優勝後、同年9月のKrushでプロデビュー、2R左フックでKO勝ちしている。昨年8月にはJ-netにも参戦しパチバチの打ち合いを制し判定勝ちを収めている。

 靖仁の師・高久昌義は極真空手・城南支部(廣重毅師範)の内弟子として修行を積み、世界ウェイト制重量級で優勝。引退後に古流空手、棒術、太極拳などの内家拳を学び、武術としての空手道を追求するため極真会館から独立。巌流島や敬天愛人の手合わせ稽古会の源流となる「掛け試し稽古会」を定期的に開催し、流派に関係なくスパーリングの交流を行う。数見空手に続き、高久空手が巌流島に初出場する。

システマの選手と打ち合う波動拳の使い手、左禅丸(右)

 一方、左禅丸は過去2回の出場で勝ちはなく1度目はプロレスラーの奥田啓介に場外に3度転落させられ実力を発揮できず一本負け、2度目はロシアのシステマの選手に打撃戦となり、波動拳が炸裂したか相手の鼻からは激しい出血もあったが、3Rに足払いで倒されたところにパウンドの連打を見舞われレフェリーストップとなった。
 果たして左の念願の勝利なるか。

 なお、今大会はK-1で活躍した韓流大巨人チェ・ホンマン(38=シルム/韓国)が参戦することが先月28日に発表され注目を集める。対するはパンクラス2階級を制したロッキー川村(37=パンクラスイズム横浜)。

ホンマン(左)とロッキー川村が対戦

 ホンマンはK-1以降は韓国のMMA団体ROAD FCやエンジェルファイトを主戦場としていたが直近の試合は確認できているものでは昨年11月、マカオの新格闘技イベント「MAS FIGHT」で少林寺の僧侶と対戦。開始5分過ぎに僧侶の放った後ろ蹴りがホンマンの脇腹を直撃しホンマンがKO負けとなっている。対するロッキー川村の直近の試合は先月のキックボクシングイベント『野良犬祭り』で1R KO勝利を収めている。しかし体格差はホンマン218センチ・150キロに対して、ロッキーは180センチ・80キロと半分の体格。その差をこの一戦で超えることができるか。

【追加カード】
修斗のクレイジー・モンキー vs 最強警察官が推薦する柔術家
西浦ウィッキー聡生(修斗)
vs
鈴木琢仁(ボンサイ柔術)

日本拳法の波動拳 vs 武術を追求するキョクシン高久空手からの刺客
左禅丸(日本拳法)
vs
靖仁(高久空手)

【全対戦カードはこちら】

【大会・チケット情報】 5・11 巌流島実⾏委員会/株式会社ひとだんらく『巌流島 世界武術王決定戦 2019 in MAIHAMA - 序幕 -』

●編集部オススメ

・【巌流島】初登場のロシア武術システマが日本拳法に勝利

・【MAS FIGHT】少林寺の武僧が圧倒的体格差をものともせずチェ・ホンマンをKO

・【巌流島】セレブご用達の現役ボディガード・冨岡雅人が電撃参戦

・菊野が小見川から一本勝ち=2018年1月 巌流島全試合結果

・【巌流島】復活・田村潔司が秒殺一本勝ち、注目の60歳達人は中島に一本負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース