TOP > ニュース

【パンクラス】まさかりパンチ&キックでKO量産の金太郎が王者シウバに挑む

2019/05/09(木)UP

王者ハファエル・シウバ(左)に金太郎が挑む

 7月21日(日)東京・新木場のスタジオコーストで開催される『PANCRASE 304』のタイトルマッチ発表された。

 4連勝(3KO)と勢いに乗るパンクラス・バンタム級1位の金太郎(26=パンクラス大阪稲垣組)が、王者ハファエル・シウバ(34=ASTRA FIGHT TEAM)に挑む。

 金太郎は2012年にプロデビューし、当初は1年1試合ペース(パンクラス)で勝利も得られなかったが、2016年になると覚醒しKO勝ちを重ね、2018年7月にキャリアに優る合島大樹に判定勝利すると、10月には強敵アラン“ヒロ”ヤマニハ(ブラジル)を3R1分54秒、“まさかりパンチ”でTKO。そして今年4月には同級2位のTSUNEと対戦し“まさかりキック”(右ハイキック)で1R KO勝ちし今回のタイトル戦につないだ。

 シウバはアメリカのMMA(総合格闘技)団体『Bellator』で、2013年にバンタム級トーナメントを制した実績を持つ強豪。29勝6敗という戦績のうち13の一本勝ちと8つのKO勝ちを持ち、寝技でも打撃でもフィニッシュ出来る強さを持つ。

今年4月、金太郎は、この“まさかりキック”でTSUNEをなぎ倒した

 昨年5月に石渡伸太郎と激闘を繰り広げたが、判定負け。今年5月には、第5代修斗フェザー級王者・上田将勝を相手に暫定王者決定戦を戦い、完勝で戴冠した。

 バンタム級では11年から石渡伸太郎が正規王者として君臨しており、5度の防衛を達成しているが、ケガのため長期欠場。シウバが暫定王者として防衛戦を行っている。
 今年3月には同級1位のホープ・瀧澤謙太をチョークスリーパー葬で初防衛を果たし、今回早くも2度目の防衛戦となる。

●編集部オススメ

・ハファエル・シウバ、瀧澤謙太をスリーパー葬で初V成功

・金太郎が“まさかりキック”で1R KO勝ち

・金太郎が“まさかりパンチ”で相手をダウンさせTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース