TOP > ニュース

【海外ムエタイ】福田海斗が階級を上げ、ラジャダムナンのセミファイナルに出場

2019/05/20(月)UP

ラジャダムナンのセミファイナルでガーオモンコン(右)と対戦が決まった福田海斗

 タイを主戦場として活躍する福田海斗(21=キング・ムエ)が6月5日(水)のラジャダムナンスタジアム興行「スック ワンギントーン」セミファイナルに出場、名門ペッティンディーアカデミーの強豪ガーオモンコンと対戦が決まった。

 福田は4月24日(水)の同興行でオムノーイスタジアムの人気選手、ンガータオ・ポーワララックを逆転KOで下し、それまで8位だったラジャダムナンスタジアム スーパーフライ級ランキングが4位にランクアップ。スーパーフライ級では過去最高位となった(フライ級ではルンピニー1位が最高位)。今回の平日興行でもセミファイナルでの出場となり、名実ともにスタジアムの看板選手といえるであろう。

4月のラジャダムナン興行で、福田はオムノーイスタジアムの人気選手ンガータオにKO勝利

 今回の対戦相手はガーオモンコン・ペッティンディーアカデミー。ムエタイ界の名門中の名門ジム「ペッティンディーアカデミー」に所属し、過去ライトフライ級でランキング入り、体重増に伴って階級を上げながらサックシー(ルンピニー115ポンド4位)デンサヤーム(ラジャ115ポンド2位)、オフサイド(オムノーイ115ポンド9位)などランカークラスと激闘を繰り広げてきた20歳の強豪。現在はランキング外であるものの長らくトップ戦線で活躍しており、もちろん福田を破れば即ランキング入りするであろう。

 今回は118ポンド(バンタム級)契約となり、過去の実績もある福田はここで勝利すればバンタム級でもランキング入りする可能性もある。仮にバンタム級でもランキング入りすれば、フライ級、スーパーフライ級、バンタム級と3階級に渡ってランキング入りするという快挙となる。タイで活躍する日本人パイオニアとして、どんどん道を切り開いていって欲しいところだ。

『スック ワンギントーン』
2019年6月5日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼セミファイナル(第6試合)118ポンド契約
カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ/ラジャダムナンスタジアム スーパーフライ級4位/元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者/「True4U」115ポンド王者)
vs
ガーオモンコン・ペッティンディーアカデミー(タイ)

●編集部オススメ

・福田海斗、1階級上の人気選手に逆転TKO勝利(動画あり)

・福田海斗がラジャダムナン8位に再浮上、24日に若手強豪と対戦

・福田海斗がルンピニーのメインをTKO勝ちで飾る

・福田海斗がTVマッチでルンピニースタジアムのメインに登場

・【ノーナクシン】東京でラジャダムナン認定興行、石井一成・小嶋勇貴がIBFムエタイ世界戦へ出陣

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース