TOP > ニュース 一覧

【K-1】日本一可愛い女子高生・福田愛依がK-1甲子園の応援サポーターに就任

2019/06/05(水)UP

終始笑顔で会見に参加した福田愛依

 6月5日(水)都内にて、『K-1甲子園2019』の”初代応援サポーター&PR大使”発表記者会見が行われ、”日本一可愛い女子高生”福田愛依の初代応援サポーター就任が発表された。

 福田は、日本一可愛い女子高生を決めるコンテスト「女子高生ミスコン2017、2018」でグランプリを獲得。数々のバラエティ番組に出演するだけでなく、初グラビアで雑誌の表紙を飾るなど活躍。また、最近は連ドラ初のレギュラー入りを果たした他、女優としても活躍の場を広げている。

「こんにちは」と笑顔で元気よく登場し、挨拶を求められた福田は「今回このような機会を頂き大変嬉しく思っております。同世代の熱い活躍を、私も精一杯サポーターとして応援できるようにしっかり楽しんで頑張ります」と意気込み、「私がスポーツが元々好きなので、お仕事を頂いたのは凄く嬉しいですし熱い戦いを見れるということでワクワクする気持ちです」と語る。

 K-1の試合は直接は見たことは無いという福田だが、近藤とは番組で共に仕事をしたことはあるようで「K-1のことをそこで知りました。近藤さんの試合を(動画で)みたことがあります。(好きな選手は)近藤選手で(笑)ルールは分からないのですが(K-1について)教えていただいて楽しんでいけたらと思います」とコメント。

K-1グローブを付けてもらう福田

 フォトセッション時に、K-1のグローブを付けた福田だが、その感想を聞かれると「K-1の真似というか、勝手にふざけてしまって殴りたくなりました(笑)」と心を弾ませ、誰か殴りたい人はいますかという記者からの質問にも「いませんよ(笑)」と満面の笑みで答えていた。

 最後に高校生にメッセージを求められると「同世代の方の熱い戦いを見れることが私にとっても刺激的で、目標や夢の立場は違いますが一生懸命頑張る姿を私らしく応援していきます」と自身なりにK-1甲子園を応援していくとした。

笑顔でPR大使執念の意気込みを語った近藤

 また、K-1甲子園2017、2018年と優勝し連覇を達成、現在はK-1ファイターとして活躍しながら、AbemaTVの人気番組やCMに出演するなどの活動も行っている近藤魁成(17)が”西日本K-1甲子園PR大使”に選出。

 近藤は「僕はK-1甲子園に、2年連続出させて頂いて凄く成長できたので、今回は応援ですが楽しみです」と語り、注目選手を聞かれると、去年K-1甲子園で近藤と戦い、先日のKHAOSのトーナメントで優勝した大庭龍華の名前を挙げた。前回、プロ初の黒星を味わった近藤だが、「トップの選手でも頑張れば倒せるチャンスがあると思うので、K-1甲子園きっかけに高校生には頑張って欲しいです」と期待を込める。

意気込みを語る西京

 K-1甲子園3連覇を期待する声もファンからは上がっていたが「体重の問題で(K-1甲子園には現在近藤が合わせられる67.5kgはない)出られないので、何らかの形でK-1甲子園に触れたいと思っていたので良い機会で嬉しいです」と今後はK-1甲子園のPR担当として活動していくことに喜びを感じているようだ。

 さらに、第3代K-1 KRUSH FIGHTフェザー級王者を兄に持つ、現K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・西京佑馬(18)は”東日本K-1甲子園PR大使”に就任した。「毎大会レベルが高い試合になるので今回も楽しみです。K-1甲子園は全国から強豪選手が集まるので優勝すればプロの道が開けるので頑張って欲しいです」と高校生にエール。

「大阪の選手に負けない東京にも良い選手がいるのでしっかり応援していきたいです。(自身が)KRUSHで、ベルト取れたのもギリギリ高校生だったので、高校生でもやれるというのをこれから見せていきます」とK-1甲子園に出場する高校生にエールを送ると共にさらなる活躍を誓った。

●編集部オススメ

・セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

・6.21ラウンドガール「K-1 GIRLS」サイン会決定

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

・期待の19歳美女ファイター恥じらいながら計量クリアー

・期待の19歳美女ファイター・菅原美優が計量パス、KANAとの”約束”に向け勝利を

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧