TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】女子世界戦で断髪計量クリア、歴代断髪“珍事”を振り返る

2019/06/18(火)UP

自分で髪を20cm切り、リミットで計量をクリアしたモートンはほっとした表情

 6月19日、幕張メッセで行われるボクシングトリプル世界戦の前日計量が18日、東京ドームホテルで行われたが、女子世界戦の計量で起こった“珍事”が話題を集めている。

 WBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦を戦う両者、「戦うシングルマザー」こと吉田実代(31=EBISU K’s BOX)は300gアンダーの51.8㎏、対戦相手のケーシー・モートン(35=米国)はリミットの52.1kgで、共に一発で計量をパスしたのだが、実はモートンは予備計量で200gオーバーしていたという。

 200gをいかに落としたか。無事計量をパスした後、モートンが恥ずかしそうに告白した顛末はいかの通り。
「じつは部屋にあった体重計が正確じゃなかったらしくて、部屋で計った時は500gアンダーだったのに、予備計量では200gオーバー。で、何とか100gは落ちたんですが、残りの100gはホテルのトイレで鏡を見ながら自分で髪の毛を切ったんです」
 黒髪に自分でハサミを入れ、20㎝ほどバッサリ。「後ろは自分で切れなかったのですが、たまたま入って来た日本人の女性が手伝ってくれました」

坊主頭の王者(当時)エルナンデスはリミットいっぱいでクリア

 あとわずかの体重が落ち切らず、最終手段の“断髪”に頼るのは、格闘技の計量シーンで少ないながらもない話ではない。
 たとえば2011年4月のボクシングWBC世界スーパーフェザー級王者(当時)、粟生隆寛の初防衛戦。一発でパスした王者に対し、挑戦者のウンベルト・グティエレス(メキシコ)は全裸で臨むも500gオーバー。2時間汗を流し、最終的には髪の毛、ヒゲまでそり落として何とかクリアした。
 
 井上尚弥が当時の日本人男子最速、プロ入り6戦目での世界王座獲得を期して臨んだ2014年4月のWBC世界ライトフライ級タイトルマッチでは、逆に王者のアドリアン・エルナンデス(メキシコ)が前日まであった髪を丸坊主にして計量会場に。本人は「イメチェン」を主張したが、周囲の評は「減量苦」で一致した。

減量に苦しみ、最後は髪を300g切ってクリア。敗戦からの再起戦で勝利した三浦

 女子では、“モデルボクサー”として話題を集めた高野人母美が2016年10月、ノンタイトル戦を前に計量会場で髪をばっさり切った。ただし、これは計量後、恒例のパフォーマンス。引退発言などが物議を醸したあとの再起戦だったため、「覚悟の証」として20cmもカットしたのだった。

 女子で体重を減らすために髪を切ったのは、“戦う西内まりや”とのキャッチフレーズで注目されたMMAファイターの三浦彩佳。2018年2月、MMA老舗団体パンクラスで韓国人ファイター、ソ・イェダムとの対戦を前に前日計量に臨んだが、体調不良で汗が出ず、計量会場に向かう直前、髪を300gぶんカット。ベリーショートで何とか計量をクリアした。

 ちなみに、ここにあげた断髪ファイター4名の試合の結果は、2勝2敗(高野、三浦は勝利)。明日の吉田vsモートンの試合結果は果して?
 

●編集部オススメ

・戦うシングルマザー吉田実代に山本美憂から激励メッセージ

・井上尚弥戦前に王者エルナンデスが減量苦か、坊主頭に

・【パンクラス】三浦彩佳、断髪して計量クリアー

・モデルボクサー、豊胸シリコンを外し計量パス

・京口紘人に挑む、ムエタイ・ルンピニー王者の正体とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧