TOP > ニュース

【パンクラス】藤野恵実、1回戦はライカと激闘したトラキナス「何が何でも生き残る」

2019/08/06(火)UP

1回戦の藤野の相手はブラジルのトラキナス

 9月29日(日)東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 308』で「女子ストロー級 暫定王者決定4人トーナメント」が行われる。同級王者ヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル)がUFC参戦中のため、暫定王者が決定される。

 1回戦の第一カードとして、同級1位・藤野恵実(38=FIGHT FARM)vsエジナ・トラキナス(28=ブラジル)が決定した。

 藤野は2004年3月にプロデビューした女子MMA(総合格闘技)の大ベテラン。デビュー後いきなり8連勝を飾り、決して下がらないファイトスタイルから”特攻天女”と呼ばれ人気を博した。

正規王者・アロージョと真っ向打ち合う藤野

 MMAのみならずシュートボクシング、キックボクシング、柔術(アマチュア)にも挑戦するなど幅広く活躍。昨年8月、アロージョと女子ストロー級第2代王者決定戦を争ったが、TKOで敗れて王座獲得はならなかった。
 今年4月には無敗のロシア娘クセニヤ・グーセヴァを判定で破り再起を果たしている。

 対するトラキナスは空手・ムエタイと柔術をベースにするアグレッシブな打撃中心のファイター。手数の多いパンチとミドルキックが武器だ。

計量でライカのかめはめ波ポーズに対抗するトラキナス

 昨年12月にはフライ級に階級を上げ、元プロボクシング世界三階級制覇・ライカと対決。階級下ながら威力あるキックを駆使しライカを苦戦させたが、2-1の判定で惜敗した。今回はストロー級に階級を戻し、王座獲りに向かう。

 藤野は自身のSNSで「打撃が強烈だけどなにがなんでも私が生き残る!ひたすら勝ちたい」「欲しいものは自分の力でつかみ取る」とベテランながらハングリーな姿勢。激闘の1回戦となりそうだ。

ベテラン同士のサバイバルマッチが決定

 また、フェザー級の一戦で、第6代同級王者の田村一聖(35=KRAZY BEE)と、同級11位の杉山和史(42=TURNING POINT MMA/HF)が対戦する。

 田村は2012年2月に日本で開催された『UFC 144』に参戦して右フックでKO勝ちを収めたが、UFCで2連敗して『ROAD FC』に転戦。2015年8月からはパンクラスを主戦場とし17年1月、第6代同級王者となった。

 王座は同年3月ナザレノ・マレガリエに奪われ、その後2連勝するも現在は2連敗中。ここで再起し、トップ戦線へ復帰する足がかりとしたい。

 相手の杉山は柔道出身で、アメリカの総合格闘技イベント「FCFF」などで試合を重ねた後日本へ参戦した。パンクラスへは定期的に参戦し、現在は2連勝中だ。
 ベテラン同士の一戦、どちらが生き残ることが出来るか。

<対戦決定カード>

▼女子ストロー級 暫定王者決定4人トーナメント1回戦
ストロー級/5分3ラウンド
藤野恵実(FIGHT FARM/同級1位)
vs
エジナ・トラキナス(ブラジル)

▼フェザー級 /5分3ラウンド
田村一聖(KRAZY BEE/同級8位/第6代フェザー級K.O.P.)
vs
杉山和史(TURNING POINT MMA/HF/同級11位)

☆9.29『PANCRASE 308』の対戦カード・イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・藤野恵実が若手にメッセージ「女子格盛り上げるとか言ってんだったら喧嘩売って来い」

・トラキナスとライカ、激闘の一戦

・女子格闘家・藤野恵美の斬新すぎるTシャツ「BBAナメンナ!」

・藤野恵実、インド王族武術の美女・法DATEが参戦=暫定王者決定T

・三浦彩佳が計量クリアー、水着で投げキッス(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース