TOP > ニュース 一覧

【K-1 KRUSH】元ボクシング世界王者・山田真子が参戦、JKファイター・MOEと対決

2019/10/03(木)UP

ボクシング世界女王・山田(右)がキック復帰、JKファイターMOE(左)と対戦 (C)M-1 Sports Media

  11月8日(金)東京・後楽園ホールで開催される『K-1 KRUSH FIGHT.107』の対戦カードが発表された。元ボクシング世界王者・山田真子(25=KINGS)が参戦、高校生ファイターとして活躍するMOE(17=若獅子会館)と対戦する。

 山田はアマチュア時代から数々のタイトルを獲得。2010年にプロデビューすると、その年の12月にムエタイで数々のタイトルを手にしたLittle Tigerを無敗のまま破り、4戦目でJ-GIRLS アトム級王座に輝いた。
 その後、プロボクシングに転向すると2014年にWBO女子世界ミニフライ級王座を獲得。日本人女子では初の10代での世界王座獲得となった。
 14年12月にキックボクシングに復帰し判定勝利するが、以降は試合に出場せず。
 18年には元OPBF女子東洋太平洋スーパーバンタム級王者の高野人母美と福岡県で開催されたナックルズでスペシャルワンマッチとしてボクシングルールで戦い判定勝利を収めている。

女子高生ファイター時代の山田(右)回転の速いパンチを繰り出す

 対するMOEは大阪府平野区出身の17歳。小学1年生から試合に出場し、100戦以上の試合経験を持つ。
 K-1アマチュア大会の-45kg級で優勝しているほか、K-1甲子園での女子ワンマッチでも勝利を収め、プロのリングでは現在K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王者・高梨knuckle美穂に敗れたが、今年5月の再起戦では勝利を収めた。

 5年ぶりの試合となる山田は「格闘技から少し離れていて、KINGSジムで会長としてキッズやアマチュアの子の指導をさせてもらっていたんですけど、シンプルにキックボクシング、格闘技が好きだから復帰したというのが一番の理由ですね」と語る。

JKファイターのMOEがウグイス嬢に決定 (C)M-1 Sports Media

 また「今回は復帰戦になりますが、自分自身心構え的にはデビュー戦の感覚でいます。ボクシング時代は全く蹴りの練習はしていなかったのですが(ブランクは)大丈夫です、バッチリ仕上げます」と初心に戻り気合を入れる。

 現王者の高梨に対し「自分もパンチには自信があるので、いつかやらせてもらえればいいなって思います」と照準を定めている。
 
 MOEは山田について「パンチとかボクシングの世界王者なので上手くて、今までで一番強い相手やと思います。強そうです。(山田のブランクについて)ずっと練習もしてると思うので、強いんやろうなって思います」と”強そう”を連発。「 めっちゃ強い相手やと思うけど、頑張って勝ちます」と意気込んだ。

<対戦決定カード>
▼女子アトム級
山田真子(25=KINGS/元WBO女子世界ミニフライ級/第2代J-GIRLS アトム級王者)
vs
MOE(17=若獅子会館)

●編集部オススメ

・女子高生王者・山田真子が初防衛に成功※ページ下部

・女子高生ファイターMOE、 7.6「K-1甲子園」のウグイス嬢に「JKのMOEで覚えて」

・女子アトム級戦線に浪速の16歳JKファイターMOEが殴り込み

・期待の19歳美女ファイター菅原美優、恥じらいながら計量クリアー

・【ボクシング】高野人母美が計量をクリア、背中あらわに「黒豹タトゥー」 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧