TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】山本美憂「自分のペースで進める」難敵アムは「レスリングを使われる前にKO」

2019/12/28(土)UP


第3試合で対戦する山本美憂(左)とアム・ザ・ロケット(右)がインタビューに出席

 12月31日(火)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.20』に出場する選手の個別インタビューが、28日(土)都内にて行われた。

 第3試合、RIZIN女子MMAルール5分3R(49.0kg)に出場する山本美憂(45=KRAZY BEE/SPIKE22)がインタビューに応じ、大晦日に迫る一戦に向け意気込みを語った。

 山本は前回10月大会でハム・ソヒのグラウンドパンチの前に防戦一方となり敗北。5連勝の勢いを止められた形になったが、「前回の結果が悔しかったので、早く試合に出たかった」と自ら大晦日の出場を直訴したという。対戦相手となったアムの印象を「今回も危ない相手」と難敵との連戦となったと語ったが、「最初からバンバン蹴ってきてすぐ組みに来る。相手のペースにならないように、自分のペースで進めることが絶対です」と”傾向と対策”は予習済みと笑顔を見せた。

鮮やかな緑色の髪で登場した山本「頭はクールになれる色」

 今回はグアム、AACCと新たな練習拠点でトレーニングを積んだという山本。主に立ち技を集中的に磨いたといい、その理由を「前回はバレバレのタックルだったりで焦ってしまった。得意のタックルを活かすための選択肢の一つ」と、最強の武器を最大限に生かすための強化という位置づけと語った。

 今回は鮮やかな緑色の髪色を見せた山本は「試合着がレインボーチックなので、マーメイド的なイメージ。初めて赤コーナーなんですけど、頭はクールになれるような色を選んだ」とメンタル面も含めたトータルコーディネイトと説明。29日の『BELLATOR JAPAN』に出場する矢地祐介、あいも含めたKRAZY BEE全員で「とにかくみんなで勝とう」と勝利をもぎ取りに行く構えを見せた。

8月のハム・ソヒ戦を振り返り「バレバレのタックルだった」と反省、打撃を磨き選択肢を増やした

 対するアム・ザ・ロケット(23=タイ/TARNTONG GYM/PHUKET TOP TEAM)は8月に続きRIZIN2戦目。大晦日のリングに向けての準備は「リングの雰囲気も分かったし、前回よりはいい準備ができている」と好調ぶりをアピールした。

 形としてはアウェイになる日本のリングだが、「日本のファンはどのスポーツでも選手全員のことを応援してくれる」とお気に入りの様子。さら山本本人の印象を問うと、インタビュー会場で顔を合わせたことを明かし「直接会えてうれしかった」と笑顔を見せ、リラックスした状態で試合に臨めることをうかがわせた。

日本のリングがお気に入りの様子のアム「自分のことも応援してもらってうれしい」

 その山本との対戦プランは「レスリングの技術が高い」と世界を制した山本のレスリング技術を警戒。「その技術を使わせる前にKOしたい」と、最大の武器である打撃で決着をつけると宣言した。

☆12.31『RIZIN.20』対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・山本美憂、長谷川穂積や女子ボクシング世界王者との練習で打撃に自信

・山本美憂の大胆水着に歓声があがる=2018年7月計量

・山本美憂が大みそか参戦「もう一度這い上がりたい」対するアム「1Rで一本極める」

・元ムエタイ世界王者のアムが秒殺一本勝ち

・山本美憂・42歳の最強ヌードを披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧