TOP > ニュース 一覧

K-1グループ『KHAOS』で初ラウンドガール、水瀬琴音「迫力満点でとっても感動!」

2020/04/06(月)UP

リングで紹介される水瀬琴音は明るく笑顔で応える。左は藤井マリー、右は芹沢まりな

 4月4日(土)K-1グループのキックボクシングイベント『KHAOS.10』(新宿FACE)が無観客で開催された。今回はK-1選抜とAbemaTV『格闘代理戦争』卒業生による“7対7 全面対抗戦”が行われたが、その対抗戦の前には、この大会からリングに上がる今年度のラウンドガールユニット『KHAOS GIRLS』がお披露目された。

 昨年度の4名から今年度は更に絞られ厳選された3名は、それぞれ名前を呼ばれると笑顔で無観客の客席に手を振った。

水瀬琴音(左)と芹沢まりな(右)のバックショット

 そしてラウンドごとにプラカードを持ちリングを歩く。3人ともレースクイーンで慣れているせいもあり、堂々とし、また華麗なデビューだった。

『KHAOS GIRLS』のセンターを飾る水瀬琴音(23)はミス・ジャパン東京大会2019ファイナリストや、19年7月の日本レースクイーン大賞新人部門で特別賞を受賞するなどの経歴を持つ。

 水瀬は今回のラウンドガールデビューを「初めてのラウンドガールとして間近で見た試合は迫力満点でとっても感動しました。今回は無観客での試合となりましたが、次回は是非、沢山の方々と一緒に熱い応援をしたいです!」とSNSに綴った。

藤井マリー

 藤井マリー(25)はレースクイーンで、テレビ東京の深夜バラエティ番組から生まれたアイドルグループ「恵比寿マスカッツ」(現在AbemaTVで放送中)のメンバーでもある。格闘代理戦争ではラウンドガールを務めたことがある。藤井は「スポーツは心を動かされますね。次戦は生観戦!会場で一緒に盛り上がれますように」とSNSでコメント。

 そしてキックボクシングが趣味という芹沢まりな(23)は、今年の日本レースクイーン大賞でコスチューム部門グランプリを獲得したレースクイーンユニット『ZENTsweeties』の一員。初のラウンドガール体験だ。

芹沢まりな(左)もラウンドガール初体験、右は藤井マリーのセクシーなバックショット

 芹沢はツイッターで「選手のみなさんの試合を間近で見ていたけど、迫力が凄くて本当にかっこよかったです。ラウンドガールは初めてでとても緊張しましたが、次回はみなさんの前で成長した姿を見せれるように頑張るので楽しみにしていてください」とコメントしている。

 3人がコメントしたように会場でファンと会えることを楽しみにしている。1日も早くコロナ問題が収束することを願いたい。

●編集部オススメ

・【KHAOS】新ラウンドガールに「恵比寿マスカッツ」メンバーら、人気RQ3名が決定=4.4初登場

・【グラビア】元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

・井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気で平気」

・【ボクシング】井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

・【グラビア】KNOCK OUTラウンドガールも経験した犬童美乃梨が最新DVDでさらにセクシーに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧