TOP > ニュース 一覧

Krushラウンドガールにハーフ美女、グラドルら6名が決定、キャプテンにキャシー凛

2020/05/06(水)UP

2020年度Krushガールズに選ばれた6名。左からチャナナ沙梨奈、犬嶋英沙、佐野マリア、キャプテンのキャシー凛、小林愛梨、最年少の市川莉乃

 K-1グループの『Krush』では2020年度のラウンドガールである『Krushガールズ』6名が決定した。K-1実行委員会では4月29日から1名ずつ合格者を発表。5月4日夕方に6名、全員が発表された。

 キャプテンに選ばれたのはキャシー凛(24=T165cm / B88 / W57 / H89)。2年連続の選出だ。日本とウクライナのハーフでGカップのグラマラスボディ。モデル、ダンサーとしても活躍中だ。
 キャシーは「今年はキャプテンとしてKrushを盛り上げていきます。キャプテンの自覚を持って新しいメンバーをしっかり引っ張っていきたいと思います」と意気込んでいる。

昨年ラウンドガールを務めたキャシー凛(右)と犬嶋英沙

 2人目は犬嶋英沙(えいしゃ=20=T160cm / B82 / W60 / H92)も昨年に続き2回目の選出。母がスペイン系フィリピン人のハーフでギャルキャラのタレントとしても人気だ。

 そして3人目はグラドルやモデルとしても活動する佐野マリア(29=T168cm / B92 / W62 / H90)が初選出。グラドルとして、これまで4枚のセクシーすぎるイメージDVDをリリースしている。春の高校バレーに出場経験もあるだけに高身長でスポーティなスタイルでもある。

グラドルでも活躍する佐野マリアは初選出。1stDVDではセクシーすぎるギリギリショットを披露

 4人目はZENTのレースクイーンユニット『ZENTsweeties2018〜2019』でサブリーダーを務めたチャナナ沙梨奈(22=T163cm / B77 / W65 / H88)が選ばれた。タイと日本のハーフ美女で『ZENTsweeties』チームとしてコスチューム部門グランプリを受賞している。

 5人目はタレントでグラドルとしても活動する市川莉乃(19=T157cm / B83 / W61 / H84)が選ばれた。今回のKrushガールズとしては最年少。AbemaTVで放送された現役高校生による恋愛リアリティ番組『今日、好きになりました。』へ出演し、話題を呼んだ。10代女性向けイベント等でも活躍しながら、今年1月にはイメージDVDデビューを果たしている。

 そして最終の6人目は2018年に『RIZIN』のラウンドガールも務めた小林愛梨(26=T164cm / B84 / W59 / H84)が選ばれた。

ヒップアップトレーニングの成果を報告する小林愛梨(@airi.082019より

 学生時代は陸上に励み、走り幅跳びで千葉県大会入賞というアスリートボディの持ち主。現在も「体には誰よりも気をつけていて、トレーニングも長く続けています」と言い、キックボクシングのジムでも汗を流し、メリハリボディ作りに励む。

 今回選ばれた小林は「Krushガールズとして一戦一戦大事に、笑顔とパワーを皆さんにお届けできるように頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

 2020年度のKrushガールズがリングに初登場するのは、5月30日の「Krush.113」後楽園ホール大会になるかと思われたが、緊急事態宣言の5月末までの延長を受けて延期に。延期時期の発表はないが、次期ナンバー大会「Krush.114」は6月21日(日)後楽園ホールに決定している。彼女たちのお披露目を楽しみに待ちたい。

▼2020年度Krushガールズ6名の写真

●編集部オススメ

・【Krush】グラドル佐野マリアがラウンドガールに、バレー部出身の高身長ボディ

・【フィットネス】“最強美ボディOL”安井友梨が自宅トレ公開「少しでも元気をお届けできたら」

・元ラウンドガールの黒咲さんが一転、筋肉系ビキニコンテストで大活躍の理由とは

・【KHAOS】新ラウンドガールに「恵比寿マスカッツ」メンバーら、人気RQ3名が決定=4.4初登場

・柔術に励むHカップグラドルレスラー白川未奈「今は女子力よりも筋力欲しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧