TOP > ニュース

【BBJ】柔術に励むHカップグラドルレスラー白川未奈「今は女子力よりも筋力欲しい」=7.5新木場

2019/06/29(土)UP

立ち技で関節に行く白川未奈

 美ボディコンテストのベストボディ・ジャパンが、株式会社DDTプロレスリングの全⾯協⼒のもと、「ベストボディ・ジャパンプロレス」という新たなエンタテインメントジャンルを新設しもうすぐ1年。

 昨日、「ベストボディ・ジャパンプロレス」(以下BBJ)より7月5日(金)に新木場1st RINGで「令和」第2戦目の大会と対戦カードが発表になった。

白川のナイキのウェア姿。鍛えられたグラマラスセクシーさが爆発@MinaShirakawaより

 この団体で参戦皆勤賞の白川未奈が今回も参戦。Hカップバストを誇る人気グラビアアイドルだった白川だが、大のプロレスファンだったことから、そのつながりで声がかかり、トレーニングの末、昨年8月のBBJ旗揚げ戦でプロレスデビュー。以降、東京女子プロレスでも参戦し活躍することになるが、タッグマッチで相方の助けを借りで勝つことはできても、シングル戦は勝てない日々が続き、技の幅を広げるため柔術道場に入門。
 今年5月、東京女子プロレスでようやくシングル戦勝利、翌日のBBJでもシングル戦で立ち関節、裸絞め、三角絞めなど柔術技を駆使し、最後は片エビ固めで勝利した。 

柔術衣姿の白川未奈@MinaShirakawaより

 現在、白川のSNSには練習風景やグラビア活動の模様が度々投稿されるが、試合まで10日を切った6月27日、白川はツイッターで「ゴールドジムでトレーニングして 美容院で髪の毛トゥルトゥルにしてもらって柔術へ 途中、女子力ぽい事挟んだけど やっぱり今欲しいのは、筋力」と投稿。女子力よりも筋力と、マッスル筋トレの聖地「ゴールドジム」で筋トレに励み、美容室を挟んで柔術トレーニングと、更に強くなるために全力投球だ。

▼白川未奈の懸垂動画

 

鈴木悟の『芯喰う飛びヒザ蹴り』が炸裂

 7月5日の試合はタッグマッチ、50代後半にして柔術の大会に出続ける三浦傑(ボンサイ柔術)やDDTレスラーの勝俣瞬⾺とチームを組む。対するはゴージャス松野、DDTレスラーの上野勇希、美魔女占い師レスラーのチェリー。白川は昨年10月大会でチェリーにサソリ固めでギブアップ負けを喫しており、タッグマッチではあるが、白川がどこまでチェリーに対抗できるかにも期待したい。

 また、シングルマッチでは元プロボクシング日本王者で、元シュートボクシング日本王者の鈴⽊悟が昨年デビューの鷲⽥周平(ガンバレ☆プロレス)と対戦。鈴木悟のパンチの連打(SSC=Suzuki Satoru Cyclone)と必殺技の『芯喰う飛びヒザ蹴り』が炸裂するか。

なべやかんのバックブリーカー

 メインでは芸人でパワーリフティング全日本3度優勝のなべやかんがタッグマッチで登場。なべは昨年8月の旗揚げ戦でデビュー。大和ヒロシのフォールでタッグ勝利が一度だけあるものの、あとは全て負け。今回はデビュー戦以来の大和とのタッグを組む。なべは勝利に向け筋トレで120kgのバーベルをスクワットで持ちその場で前後に歩く体幹作りに励む。「150kgまで上げていきたい」となべ。100kgクラスの選手にバックブリーカーを決めるには必須のトレーニングのようだ。

 BBJは7月5日と、8月9日に東京・新木場1st RING、9月1日に竹芝のニューピアホールで大きく1周年記念大会を開く予定だ。

【大会詳細】
『ベストボディ・ジャパンプロレス〜「令和」第2戦』
⽇時:7⽉5⽇(⾦)
会場:18:30
開始:19:00
場所:新⽊場1st RING (東京都江東区新⽊場1−6−24)
【対戦カード】
第1試合:進垣リナvs ⽵林早苗
第2試合:ゴージャス松野& 上野勇希& チェリーvs 三浦傑& 勝俣瞬⾺& ⽩川未奈
第3試合:鈴⽊悟vs 鷲⽥周平
セミファイナル:⽥中稔& 政宗& ⾕⼝智⼀vs ⽯井慧介& 岩崎孝樹& 伊橋剛太
メインイベント:なべやかん& ⼤和ヒロシvs ⼤⽯真翔& 旭志織
【チケット】:https://www.bbjprowrestling.com/blank-3

●編集部オススメ

・【BBJ】「柔術が生きた」Hカップグラドル白川未奈がプロレスで自力勝利

・【BBJ】Hカップグラドル・白川未奈が”柔術”でプロレスシングル戦初勝利誓う

・【BBJプロレス】元ボクシング&SB王者の鈴木悟が必殺技を発表、なべやかんのプロレス引退示唆に大石は激怒

・【DEEP】メルヘン戦士マドレーヌ、体が成長し胸パッドを入れる余裕無し

・【BBJコンテスト】二人の空手全日本女王が美ボディコンテストで対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース