TOP > ニュース 一覧

等身大『バキ』と並んだ日本一ビルダー横川尚隆の再現度に「リアル刃牙」「腕が刃牙超え」

2020/06/30(火)UP

バキのフィギュアと並んでも何ら遜色ない横川氏の肉体 @YokokawaNaotakaより

 6月28日に、ボディビルダー・横川尚隆がSNSに投稿した写真がネットの話題となっている。
 写真は、週刊少年チャンピオンで連載中の刃牙シリーズの主人公・範馬刃牙の等身大フィギュアの横に、同じポーズで並ぶ笑顔の横川が写る。

 フィギュアは刃牙がオーソドックスに構え、ボクシングのフリッカージャブを打つ前のように前手を下げているものだが、驚くべきは筋肉量の再現度。
 マンガ・アニメともに過剰なまでにパンプアップされ、皮下脂肪の薄い肉体が特徴の刃牙。等身大フィギュアもそれにならっているのだが、同じポーズの横川も勝るとも劣らない見事なバルクだ。

 横川は投稿に「僕の人生を救ってもらった、憧れの男の息子と。まさかこんな日がくるとは」と書いている。

大会で見せる横川の正面からの肉体、各パーツの完成度はまさに刃牙超えだ(写真提供=VITUP!)

 横川は、刃牙の父親の範馬勇次郎(身体もムキムキ)に憧れたことがきっかけでトレーニングを始め、2019年には「第65回 男子日本ボディビル選手権」で初優勝を果たして“ミスター日本”の称号を得ている。以降、バラエティ番組などでも活躍中だ。

 現在Netflixでは『バキ』大擂台賽編が配信中で、横川はアニメオフィシャルサポーターを務める。6月28日(日)にはニコニコ生放送やYouTubeのTMSアニメ公式チャンネル等で『100年に一度のバキ好き大擂台賽的生放送ッッ』と題した特別番組が配信された。
 等身大フィギュアは、配信の最後で紹介され、番組収録後に横川も並んで撮影したものと見られる。

”バキ超え”し、範馬勇次郎を目指すのか

 特別番組では横川が、少年時代にバキの登場人物たちに憧れすぎてやらかした秘話や、登場人物のバルクの仕上がり具合についてなど熱く語っている。

 アップされた写真のコメントには「一瞬どっちがフィギュアかわかんなかった」「実写化に抜擢だね」「リアルバキ」「肩と腕がバキを超えてる」など驚きのコメントが並んでいる。

▼100年に一度のバキ好き大擂台賽的生放送ッッ【アニメ「バキ」大擂台賽編公式】

●編集部オススメ

・初のミスター日本となった横川尚隆「とにかくバルクを追い求めた」

・“最強美ボディOL”安井友梨が自宅トレ公開「少しでも元気をお届けできたら」

・アニメ『バキ』特別番組決定、刃牙を見てビルダーになった横川尚隆もゲスト出演=6.28よる

・幽☆遊☆白書メンバーがオンライントレーナーに!?「気になる肩よ、おしおきの時間だ」

・人気トレーナー田上舞子が念願の初優勝、女子ビキニで東京の女王に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧